« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

オーストリア・南ドイツ③ウィーン街歩き



機内では数独をしたり映画を見てすごしました。
ディズニー映画の「アナと雪の女王」
日本では大ヒット上映中だそうですね(へ~~)
「聖闘士聖矢」かいっ!と突っ込みながら観ました。
絶対にパクッていると思います。


映画といえばウィーンが舞台になった名画があります。

(別に興味もないでしょうが)あたくし「得体のしれない・鬼気迫る」男性が好きですので、オーソンウェルズは
好みのタイプベストファイブ圏内に入っており、キラーカーンとエエ勝負をしています。
Z
映画「第三の男」でアパートの大家さんが二階から声を掛けるのが
ここですって!
この位置から、ジョセフコットンが待っている大観覧車も見えます。
もう、それだけではるばるウィーンにやって来た甲斐があるというものです。

実は自分の記憶の中にある(映画館で観た)一番古い映画が「第三の男」です。
子ども心に地下水道のシーンは強い印象として残っています。

当時ウェルズが超売れっ子で撮影現場到着が遅れに遅れああいう(影のシーン)になったことは有名です。
暗がりにパッと浮かび上がる登場場面・・・いやあ・・映画っていいですねえ。

写真の赤と白のリボン(ウィーンの国旗の色)は「歴史的な建物です」というしるしだそうです。


街歩きの一日目は現地ガイドさんに案内してもらい、二日目はトラムを利用してあちこち自由に動きました。

今回の旅行では3名の現地ガイドさんにお世話になりました。
三名とも日本人女性ですが、どう見ても「ゲルマン」っぽい。目の色も黒くないし・・
風土か食べ物か、長年、郷に住めば郷の顔立ちになるのかしら・・って思いましたよ。
いつの日かヘルブラウ姐さんにお目にかかるのが楽しみだわい。

で、一日目ですが・・まずはシェーンベルク宮殿
X可愛いお子ちゃまたちの遠足にくっついて・・

 

グーテンモルゲン!

 

結構、厚着!
昨日まで寒かったからね。

C
シェーンとは<美しい>という意味だそうです。
かつて中欧を支配したハプスブルク家の残した偉大な遺産
1441室もあるのですって!
偉大な国母・マリア・テレジア(マリーアントワネットは末娘)が住んだお城どす。
彼女は16人の子を産み、体重100キロだった・・その数字だけで・・なんやろね・・好感度メッチャ高いわ。


この日は、ベートーベンが交響曲「田園」の曲想を得た
ベルべデール宮庭園
シュテファン寺院
王宮(シシィ博物館)へ行きました。

写真は山ほど.ボチボチ整理しながら老後楽しみ用の別ブログをつくっておきませう。

それにしても、五月はいいですね。

ライラックはまだ山に残っているし、マロニエ(別名ろうそくの花)やアカシアの花が美しくさいています。
緑の中にアホーンと言われるカエデの赤がひときわ映えています。

ま。こんな感じで旅のスタートです。

Dsc02675
なあ、なあ。ジョセフコットンが歩く、ラストシーンってこんな感じとちゃうの?!

明日はトラムに乗って街歩きの巻きです。

 

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


| | コメント (0)

2014年5月30日 (金)

オーストリア・南ドイツ②ウィーン到着



関西空港からウィーンへはエールフランス国営航空を利用しました。
前にも触れましたが、関空発のオーストリア直行便が廃止(しかも修好100周年だかの記念の年に!)されたからです。

乗り継ぎのパリ・シャルルドゴール空港までが12時間30分
そこからウィーンまで2時間です。

東京のエンジェルが「NARITAから行った方が早くない?」といいました。
チッチッチと人差し指を左右に動かしお答えしますわ。

トンボリ人生まっしぐらの関西人にとって、
海外への出立は関空以外に考えられへんのです

「負けたらあかん東京に」の天童よしみスピリッツに「成田から海外へ」の選択はありえましぇん。
「バッカじゃね?」・・・・・・上等!

エイエイオ~でございます。

いやいや。ほんま「成田」から直行便って思いもつかないわたくし達でございました。

Pシャルルドゴール空港で搭乗を待つ間、マニキュアを二本買いました。

美しい発色
おフランス製ざます。

仕事が早いおたまちゃん。早速塗りましてん

O時間が余ったのでロビーをうろうろ。
赤い書架が可愛い
雑誌でも買おうかな
おフランス語なのね・・今日はやめておくわ。

時間が余ったので旅人を観察
ダウンジャケットの人もいれば、タンクトップの人もいる・・
どないなってますねん。EUのお天気は!
昨日、雹が降り、今日は夏日という情報です。

やっとウィーンに到着です。

Dsc02670ホテルの吹き抜け、らせん階段。
目がまわる~~

Dsc02841
ロビーの壁はマリアテレジア・イエロー。

Dsc02733
お部屋。可愛い・・

カーテンの柄が日本テイストで素敵でした。
確か写真を撮ったはずだけど・・・わがんね



ささ。顔パックして寝よ。寝よ
明日から戦闘開始やで~~。


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


| | コメント (7)

2014年5月29日 (木)

オーストリア・南ドイツ①



ただいまンモス。

日本は素敵だ。便座がぬくいゼ。

そして、やたら親切だ。
関空に降り立ったとたんに親切なアナウンスのシャワーだ。

「シャトルが参ります」
「このシャトルは折り返します」

大体やね、シャトルって往復・折り返すって意味じゃないの?

「パスポートのカバーを外してお待ちください」
「この線に沿ってお並び下さい」

リムジンバスには親切な「注意書き」がべたべた
「荷物は膝の上か上の棚にお載せ下さい」
「荷物の落下にご注意ください」
「シートベルトは右側左側にございます」
「走行中はお席から立ち上がらないようお願いします」
「急停車することがございますのでご注意ください」
「お降りの際はバスが完全に止まるまでお立ちにならないよう」

分ってるって!子どもとちゃうねんから!

 

日本では親切なお天気お姉さん(またはお兄さん)が・・。

「折り畳みの傘を一本バッグに入れてお出かけください」

ほっといてくれ!折りたたまれていようが、バッグに入れようが・・
あんたの仕事は「天気の予報」までやし・

もう、みんなこんな生活スタイルに慣れきっているのだ

日本人の自己決定能力が弱まっているのはこのクソ親切な環境のせいではないだろうか

ホテルのロビーでよく交わされる会話。

なあ、なあ。傘持って行った方がええやろか?

そんなの、自分で決めなはれや
天気予報をみるなり、空を見上げるなり、下駄を蹴飛ばすなりして・・・

ところが・・・・
今回のウチラの旅行に関しては
「なあ、なあ。傘・・・」という会話はご法度でした。

逆に傘を持っていようものなら
「あんた。なんで傘もってるん?アホちゃう?私がせっかく頑張ってるのに・・」

「アホ」とまで言うか!かこちゃん!

どこのどんな旅行にも絶対連れて行きたいと言われている晴れ女・かこちゃんが今回参加しているのです。
寝る前にアラーの神に祈りを捧げているらしい。

結果

とにかく、お天気に恵まれ倒しました。
ドイツ・オーストリアの旅で10日間雨が降らないのはかなりスゴイと言われました。
日本でも10日間のお天気続きってあまりないですよね。

しかも、到着日前日まで気温5℃。おまけに突風で体感気温は0℃だったのが、
我々がシュヴェヒャート空港に降り立った時は22℃(もちろん晴れ)でした。
昼間気温は25度まで上がったそうで、1日の温度差なんと25℃!
冬の翌日に夏がやって来たようなものですわね。

次回から、かこちゃんは「無料」でマスコット人形として参加することが決定。


Dsc03375
帰宅して何に一番驚いたかって・・ゼラニウムが一斉に咲いていたこと。
(これはJAPANのおたま宅)

 

Dsc03326
こちらは、ミュンヘン・ヴィクトゥアーリエン・マルクト付近

 

何が言いたい?
ゼラニウムでんがな。一緒や一緒や


てなことで、機嫌よく楽しい旅を堪能してきました。

また、ぼっつらぼっつらレポート書くつもりです。

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


 

 

| | コメント (14)

2014年5月17日 (土)

行ってきま~す



ということで明日から旅行です。
今さっきウィーンのお天気を調べたらお昼間の気温

昨日が13℃で今日が24℃なんやて・・・
あかん。
この温度差。ついていけるやろうか・・・

去年2回も風邪を引いてから弱気になってますねん。

本当は去年の10月16日に出発が決定していたのに延期になったのは、メンバーの一人が緊急手術をしたからでした。

行先も、最年長者が「も一度行っておきたい」ところに幅寄せしました。
希望者も多かったしね。

手術をした彼女。
一か月前の旅程打ち合わせで久々に会ったら、ベリーショートになっていました。
「やっと、ここまで髪が伸びてん

彼女のバイタリティと「イケイケ」性分には頭がさがります。

風邪でうだうだ言うてたらあきませんね。

今回は14人で旅をします。
なんとか、もうひとり増えたら旅費負担がグッと減ったんやけど、それぞれ事情があって致し方ありません。

14人のうち4人は初対面の方です。
どんな出会いがあるでしょうか。

旅は道連れ、世は情
あの世にお金は持って行けない!

を実感する年齢層なので

☆☆☆☆☆ホテル。3連泊からスタートですぞい!

おいおい。

では、そのうち帰ってくるまで

ごきげんよう。


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


| | コメント (9)

2014年5月16日 (金)

イミテーション



有言実行

 

ちゃかちゃかとパッキング終了しました。
Dsc02654機内持ち込みは母の日にプレゼントしてもらった、バックバッグです。

 

写し方がまずいけど
テトラパックの形がとってもかわいいのですよ。

 

荷物が遅延した時用のおぱんちゅなども忘れずにいれてあります。
小型だけど収納率高いです。
方掛けでも袈裟にかけても袋を前に持ってきても後ろにもってきても可愛いんです。

 

モデル?選ばない。選ばない。
誰が持っても可愛い(はず)

 

おぱんちゅ。ですけど
遅延トラブルはどの航空会社でも頻繁に発生していて、今回は乗換があるので必携です。

あ!どこに行くか言ってませんでしたっけ。

ウィーン・ハルシュタット・ザルツブルグ・ミュンヘンです。
うちら「遺跡を愛する会」やのになぜに今回ココなのか!は旅日記でボチボチおはなししませう。

数年前までは関空発のオーストリア直行便が出ていたのですが、現在オーストリア航空は成田のみの扱いらしいです。プンプン。
それでエールフランスでドゴール空港乗換ということです。

 

Dsc02655_2オペレッタ観劇もございますのでね
ここはひとつ
ドレスアップしなきゃね

 

おたま’sコレクションの一部をごらんにいれませう。
オペレッタにはパールですわね。

 

「東洋の奇跡」と言われた(こともない)あたくしにピッタリでございましょ。
500円も致しましたのよ。おーほほほ

後は、旅行に必ずつけていく幸運のトルコ石。
これはバザールで300円。文句ある?

ガチャピン手作りのペンダントに自分の力で買ったイヤリング・・
輝きすぎてカメラもハレーションを起こしております。

Dsc02656
指輪です。

 

左からサファイア・ルビー・エメラルド

 


思い込んでつける「ビーズ」だよ。

可愛いでしょ。

これらをうばゆり様謹製の巾着に入れますの。

Dsc02657

素敵でしょ

一緒に旅をする人でいつも200万円とかの指輪や首輪をいっぱい、つけてくる人がいるの。
ウランちゃんっていうんだけどね。

そんなの失くしたらどうするのよ!
っていうと「だって、ほかに付けていくところがないもん・・」とのこと。
それもそうだわね。

40年ずーっと働いてきて頑張って買ったんだもんね。
海外旅行などという「ハレ」の日につけなくてどうする!だよね。

あと用意するものは・・・
水に流してもいいトイレットペーパー1巻きだな。

日本に暮らしていたらハイレベルのトイレ事情が当たり前なんだけど・・

このペーパーを一回使用分ごとに折りたたんでジップロックにいれて持ち歩きます。
これが前回のベトナムで超お役立ちでしたよ。

じゃ。今から買ってきま~っす
家のでもいいのだけど、なにせ「ハレ」の旅行だからね。

nepiaの「オシリセレブ」にしようかな・・

買ってきたら写真UP・・・要らんわな

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


 

| | コメント (8)

2014年5月15日 (木)

ストレス



おたまちゃんってストレスないやろ・・・ってよく言われた。
夫ひっちゃんから・・・。

余程。へらへら上機嫌に見えていたんやろな。

あの人、自分の妻が小鳥のような震えるハートの持ち主だってことに気づいてなかったのかしら。
あたいだって、あるわいっ!

と言ったものの「ストレス」の定義がよくわからない。

Dsc02529


繰り返される穏やかな日常の中に「ある変化」が登場するだけで、それはもう、ストレスになっているのだ。

例えば、おたまんちは3月に壁の塗り替えをやったんだけど
家囲いを張り巡らせて、知らない人が出入りして、非日常の音や声がして、10時と3時にはお茶を出して・・・立派?なストレス要因だ。

おたま、思うにストレスには2種類ある。

不可抗力自ら招くもの

上記の塗装工事は「避けられない」ものなのだから。
ならばうまく対応すればいいんです。

問題は「自ら招くもの」

分ってる。分かってますってば・・・
やればいいんでしょ。と思いながらなかなかやらない
「課題」もろもろ
ギリギリ崖っぷちに身を置いてしまうのは、

     決して「M体質」だからなのではない

ま。横着なんやろね。

なんてことを・・うだうだ考えてるヒマがあるなら
ちゃかちゃかとやってしまおうぜおたまちゃん。

旅行ケースをノロノロとひっぱり出してきました。
旅行は「準備」から楽しまなくっちゃそうそう。ガンバロ

来週からユアラップだよん

クソなんて言ってはいけません頼まれごとは片づけませうね。

俳句。欠席投句しておくのでしたよね。ちゃかちゃかとね。


あれもこれもやらなきゃ・・ってストレスを感じるのは

結局、「自業自得。身から出た錆」

ゆとりが大事なのよ。

と、健気にも結論付けて、重い腰をあげることにいたしませう。

あ。ヨッコロラショっと。


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


| | コメント (4)

2014年5月14日 (水)

100年ひと昔



 

京都在・youkoさんはトシを訊かれたら
「四捨五入して100歳」とお答えになるそうです。

ピンポンでございますね

実際、かようなトシになりますと100年単位で物事を考えており、おたま的視座は確実にグローバル化しております。

    100年なんて、ついこの前

アタクシの知っている(記憶にある)一番の年寄はおじいちゃん(母の父)ですが、元気ならば123歳。
そのおじいちゃんの子ども時代の話を直接聞いているので
言うたら、110年前を間接的に知っているということです。

今を去ること200年前。←ついこの前

文化九年(1812)申(サル)三月
と記された「御仕置き五人組帳」というのを今読んでいます。

って、偉そうにいってるけど、達筆の崩し文字は全く読めません。
古文書に詳しい方に読み解いてもらいます。

我が町全域に電気が通じたのが1960年ごろ(昭和30年代半ば)のことです。
町で一番高い山(700メートル)の裾野にある集落が最後でした。

ここの元庄屋さんの納屋から一級品資料が出てきたのです。
記帳したのはその村にある〇〇寺の何代前かのご住職。

Dsc02640

 

いやあ・・おもしろい。

封建制度の末端の組織である五人組が、互助のための福祉組織であるといいながらその実は相互監視の密告制度であったことがよくわかります。

機会とヒマとヤル気が揃えば又ブログで中身を紹介したいと思います。

「なにゆえに旗日に旗を出さぬかと
      そのうち誰かが言ってくるだろう」
 
                    朝日俳壇より・永田和宏選

 

「200年前」と「近い将来」がそっくりそのままになるようであれば、我が民度ってどないなってますねん。と思ってしまいますわね。

 

  「桐の花公儀ご法度読み下す」 おたま

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


| | コメント (8)

2014年5月 8日 (木)

ひとみさん



Dsc02253


  「花種を呉れたる人の逝きにけり」 おたま

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


| | コメント (2)

2014年5月 7日 (水)

笠置シズ子



NHK土曜ドラマ「ロング・グッドバイ」第3話。
チョット、ここにきて悠長感。いや増せりですが、
やっぱ。いらち(せっかち)なのでせうね、あたくしって人間は。

ほんで、この後・・どないやねん。って思っちゃう。
ちゃんとした人(って何がちゃんとしてるんだか)は
映像の綺麗さとか、こだわりの小道具とか、凝った音響効果なんかを楽しんではるんやろね。

こんな性格直さなあかんって真剣に考えたことはないけど、「なんだかな~」とは一応思ってるわけです。
思ってはいるけどそんなに簡単になおるわけありません。

だから

本屋で「原作」の立ち読みしてきました。
はい。最後の3ページ。

安心して眠れるわ。

第三話の終わりのほう。
劇中のテレビの中で笠置シズ子が歌っていました。

 

私はめひょうだ。ウワォ ワオ ワオ

 

この突き抜けるパワーって何なん?
派手なアクションで激しく歌い踊る・・ほぼトランス状態
神がかってる

映画「グーニーズ」の劇中テレビのシンディ・ローパー以来の衝撃だよ。

笠置シズ子は1957(昭和32年)に歌手を廃業したそうなので、いくらあたしが年寄(ほっといて!)でも「リアル」歌手時代は知らないわけです。

わが家にテレビが来たのが皇太子ご成婚直前だし・・

もっと後から、古い映像をみたり、もう歌わなくなった笠置シズ子が何かの審査員でテレビに出ておられたのを覚えているくらい。

Dsc02605

ところが、ひょんなことから笠置シズ子の名前を聞いたことがあります。

高校の女教師。強烈な個性の持ち主でしたが・・

戦後間もない頃、「笠置シズ子の後ろで踊っていた」というのです。
ご本人の口から直接聞いたのでまちがいないでせう。

専門は東京の大学で「ヒトの睾丸」の研究をしていた。
これもご本人が言っておられました。

笠置シズ子のバックダンサーも睾丸研究もなんだか人を食ったような話ですが「音楽」と「保健」の先生でした。

保健では「避妊法」について熱心でした。
保健の授業は男女別れていましたので、ウチラ熱心にいろんな質問をしました^^
IUDの起源はラクダの子宮に埋め込んだアンズであるなんてことを知っていた女子高生はそう多くはいなかったでしょう。

笠置シズ子の激しく歌い踊る姿をみて
シズ子と同年代なら90歳をとっくに超えておられるであろう、超個性派先生を懐かしく思い出しました。

あの当時すでに50代だったと思うのですが
白いレースのスケスケブラウスの下にグリーンのブラジャーを付けて来られたことがあります。

それだけは・・やめて・・お母さん

と、娘(同じく教師)に言われたと言ってはった。

 

やっぱり、変やったで・・

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


| | コメント (4)

2014年5月 4日 (日)

通う千鳥の淡路島へ。



だしぬけに電話が鳴り、唐突に言われました。

ふ~ぞく行かへん?」

ってあまりにも《だしぬけ》過ぎるやろ・・ムーチョ。

朝7時。

「え?ふ~ぞく?」
「うん。淡路島のふ~ぞく

「それって、風力やろ・・」
「そうそう。それそれ・・」
「偉いセンセも呼んであるし・・」

おたまの前頭葉 言語中枢。
デジタル的処理機能は今日も絶好調だ。

ムーチョの理不尽な日本語にちゃんと対応できる。

「ふ~ぞくと違うやろ。風力発電所のことやろ?」

「え?私ふ~ぞくって言ってる?頭の中では風力やねんけど・・」

ムーチョ。脳と口をつないでる線。いっぺん見てもらいや。

ということで淡路島に行くことになりました。
海外です

このGWが明けたらいきます。

また、約束してもうた・・・
体力温存しとくはずやったのに・・

どうせ、人が集まらなかったのでせう。
「タニモッチャンも誘うてん

うん。動員かけるにはあの人ピッタリや。なにしろ嵩張ってるし・・

関西電力が再生可能エネルギーへの道を模索し、初の風力発電の運転を開始したのが2012年12月。この淡路風力発電所でした。

現時点で電力自給率はどうなっているのかしら。
ま。色々お勉強してきませう。

上↑↑のタニモッチャンとは淡路島の10日後にホンマモンの海外に行く予定です。
姉さん。元気やなあ・・・

あ。平凡一家が散歩から帰って来ました。
ご飯や。ご飯や・・・ああ忙し

 

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


 

| | コメント (2)

2014年5月 2日 (金)

リサイクル活動



カレンダー通りの休日だった平凡氏のGW後半がスタートします。

それは、とりもなおさずドップ~~ンと、我が家に親子3人が寄せてくることを意味します。
東映映画のオープニング映像みたいなもんやね。

GW前半は出かけることが多くて、ヨメ真綿のジャブを上手く交わしていたのだけど、本日は遂に「明日から連休ですので伺ってもよろしいでせうかと疑問形ながら、有無を言わせぬ迫力で電話がかかってきました。

最近はグッ坊を電話口に出すという大技を覚えた真綿嬢です。

ということで、
本日は草取りしたあとのんびりと屁こいて寝てました。寛いでおりました。
おやおや、もう夕方。
ブログ三日更新しなかったら、孤独死しているのではと期待されても困るのでUPしておこうと思います。

今日は八十八夜。
三年前の八十八夜の「リサイクル」記事です。

        

 

2011年5月 3日 (火)

 

一分間クッキング



/ゴールデンウィークを
のんべんだらりと、お暮らしの皆さま。ごきげんよう。

本日はどなたかの真似をして
簡単・酒(特にワインむけ)の肴をご紹介しましょう。

レシピと言うようなものではありんせん(野風さんの真似)

ラッキョウを千切りにして糸カツオをのせる・・だけ

白菜千切りを塩コショウ、バターで炒める・・だけ

oilサーディンを缶のままトースターで焼く・・だけ

パンの耳とチーズをベーコンで巻いて焼く・・だけ

じゃが芋薄切りにチーズをのせて焼く・・だけ

クリームチーズとマスタードを練りセロリにつめるだけ

餃子の皮で千切りキャベツを包んで揚げる・・だけ

たくあん細切りを辛子マヨネーズであえる・・だけ

燻製イカとセロリ千切りをマヨネーズあえる・だけ

さきいかをバターで炒めて白ゴマをふる・・だけ

豆腐にマヨネーズ・醤油を掛けてレンジでチン・・だけ

セロリをoilでさっと炒め青しそ・ゴマ・レモンかけるだけ

長いも短冊を梅肉であえ、ゴマ・青海苔をのせるだけ

かりかりベーコンをぱりぱりレタスにのせてoilと塩だけ

チンしたカボチャをつぶし薄切りの、さらしたまねぎとマヨネーズであえるだけ

しいたけのウラにマヨネーズ・チーズ・パン粉をふりかけトースターで焼くだけ

春菊・かいわれ皿にたっぷり盛り、ポン酢を掛けてしばらく置く。食べる直前に熱したごま油を上からかける・・・だけ

 〆のごはん(やっぱりごはんが欲しくなる)

白飯・つけもの・ゴマ・マヨネーズに醤油落として海苔で巻く

ガーリックみじん切り、ごはん・じゃこをバターで炒めて醤油味

じゃこ・ゴマ・つけものをごはんに混ぜる

ザーサイ刻んでバターでごはん炒める

ブロッコリーを潰してスープ。とろみにごはん入れる

キリがないのでやめる。

おつまみは、そこらへんにあるもので、さっと作るのがよろしかろうと存じます。

日本酒の、肴なんて塩舐めときゃいいんよね。

母の日には、ワインとカーネーションをオーダーしてんけど・・・

いやらしかった?

息子は「ハイハイ」と言いました。

返事は一回でよろしい。

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


このときグッ坊はまだ生まれていなかった。
平凡夫婦がワインを持ってやってきた・・・

月日の経つのははやいものです。

 

| | コメント (8)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »