« 通う千鳥の淡路島へ。 | トップページ | ひとみさん »

2014年5月 7日 (水)

笠置シズ子



NHK土曜ドラマ「ロング・グッドバイ」第3話。
チョット、ここにきて悠長感。いや増せりですが、
やっぱ。いらち(せっかち)なのでせうね、あたくしって人間は。

ほんで、この後・・どないやねん。って思っちゃう。
ちゃんとした人(って何がちゃんとしてるんだか)は
映像の綺麗さとか、こだわりの小道具とか、凝った音響効果なんかを楽しんではるんやろね。

こんな性格直さなあかんって真剣に考えたことはないけど、「なんだかな~」とは一応思ってるわけです。
思ってはいるけどそんなに簡単になおるわけありません。

だから

本屋で「原作」の立ち読みしてきました。
はい。最後の3ページ。

安心して眠れるわ。

第三話の終わりのほう。
劇中のテレビの中で笠置シズ子が歌っていました。

 

私はめひょうだ。ウワォ ワオ ワオ

 

この突き抜けるパワーって何なん?
派手なアクションで激しく歌い踊る・・ほぼトランス状態
神がかってる

映画「グーニーズ」の劇中テレビのシンディ・ローパー以来の衝撃だよ。

笠置シズ子は1957(昭和32年)に歌手を廃業したそうなので、いくらあたしが年寄(ほっといて!)でも「リアル」歌手時代は知らないわけです。

わが家にテレビが来たのが皇太子ご成婚直前だし・・

もっと後から、古い映像をみたり、もう歌わなくなった笠置シズ子が何かの審査員でテレビに出ておられたのを覚えているくらい。

Dsc02605

ところが、ひょんなことから笠置シズ子の名前を聞いたことがあります。

高校の女教師。強烈な個性の持ち主でしたが・・

戦後間もない頃、「笠置シズ子の後ろで踊っていた」というのです。
ご本人の口から直接聞いたのでまちがいないでせう。

専門は東京の大学で「ヒトの睾丸」の研究をしていた。
これもご本人が言っておられました。

笠置シズ子のバックダンサーも睾丸研究もなんだか人を食ったような話ですが「音楽」と「保健」の先生でした。

保健では「避妊法」について熱心でした。
保健の授業は男女別れていましたので、ウチラ熱心にいろんな質問をしました^^
IUDの起源はラクダの子宮に埋め込んだアンズであるなんてことを知っていた女子高生はそう多くはいなかったでしょう。

笠置シズ子の激しく歌い踊る姿をみて
シズ子と同年代なら90歳をとっくに超えておられるであろう、超個性派先生を懐かしく思い出しました。

あの当時すでに50代だったと思うのですが
白いレースのスケスケブラウスの下にグリーンのブラジャーを付けて来られたことがあります。

それだけは・・やめて・・お母さん

と、娘(同じく教師)に言われたと言ってはった。

 

やっぱり、変やったで・・

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« 通う千鳥の淡路島へ。 | トップページ | ひとみさん »

ちびたま時代」カテゴリの記事

コメント

私の知らない時代
歴史を学べて

投稿: poo | 2014年5月 9日 (金) 06時17分

pooさん
そう・・おたま生きる骨董品・・
誰がやねん

投稿: おたま | 2014年5月 9日 (金) 09時43分

本当に人を喰ったようなお話ですね。笑いました。それにしても緑色のブラジャーって見た事無い気がする。そろそろ12色を揃えようかしら。。

投稿: アンヘラ | 2014年5月11日 (日) 11時08分

アンヘラさん
グッドなアイデアですね。七色ではなく12色なのですね。
赤がお似合いのような気がしますわ^^

投稿: おたま | 2014年5月12日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通う千鳥の淡路島へ。 | トップページ | ひとみさん »