« 六甲・神戸大学① | トップページ | 六甲・神戸大学③ »

2014年4月24日 (木)

六甲・神戸大学②



神大キャンパスの中に山口誓子記念館があります。
1995年の阪神淡路大震災で全壊した住居(西宮市苦楽園)がこちらへ移されました。

といっても「全壊」ですからね
一枚のガラス戸と欄間の一部以外はほぼ忠実に復元されたものです。

誓子自身は東京大学の出身ですが地縁があり妻・波津女ともゆかりのあった、神戸大学に預金・居宅敷地・著作権・句帳をはじめとする全ての遺稿を寄付・寄贈されたとのことです。

俳句文学研究のために賢明な選択だったといえます(なんてね。えらそうなおたま)

この記念館をお借りして句会を開きました。

その前にキャンパス内を吟行だよ
Dsc02583海の間際まで山が迫る神戸。

この六甲山の斜面に大学の広大な敷地があります。
まずは「山側」の経済学部・経営学部からスタートです。

Dsc02569
アーチ形の正面玄関(車寄せ)と時計を中央にシンメトリーの構成美。
安心と安定感を与えてくれます。
左右の銀杏は雌雄ですねんよ。花が咲いていました。

Dsc02566文化庁の登録文化財です。

Dsc02572モザイクタイルの階段。

大理石の手すり。

Dsc02573



Dsc02575

こんな美しい学舎で国のお金で勉強させてもらってるんやから、
社会の役に立つ人になってや・・・・学生さん。

Dsc02578


  「留学生らし春落葉を横断す」 おたま

お昼は学生食堂へ・・・
楽しいね。どちらを見ても若者ばかり。
老人ホームの吟行とはまた違った趣。

明日へ(たぶん)つづく


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« 六甲・神戸大学① | トップページ | 六甲・神戸大学③ »

俳句・吟行」カテゴリの記事

コメント

山口誓子記念館があるとは知りませんでした。
神戸大は西の一橋という雰囲気で、
(ただし理系学部もたくさんある)
すてきですね。
六甲道のハイソな雰囲気は国立と似ているように思います。

でも神戸大といえば・・・イノシシ!
あまりにも頻繁に出没するので、だれも110しないという・・・。
でも、遭遇したらとっても怖いでしょうね。
しし鍋はうまいが。

投稿: ヴェルデ | 2014年4月26日 (土) 01時23分

ヴェルデさん
誓子館の完成は2001年です。
1985の波津女死去にあたり、その遺産を寄贈。1994の誓子死去で全ての遺産を寄贈されたそうです。
記念館とは別にゆかりの俳諧文庫があり「天狼」関係の貴重な資料が納められています。

神大のスーパーヒーローは何と言ってもノーベル賞の山中教授でしょうか。
「商業大学」というイメージは薄れましたね。

ヴェルデさんはシチーガールなのね
住民よりイノシシの数が多いところに住んでいるおたまにとってはペットみたいなものですよ
時々、側溝に落ちて全力疾走しているウリ坊をみかけます。
それより怖いのは熊です。
小学校の入学式では鈴の支給あり。
ランドセルにクマよけの鈴をつけました。
(ちょっと前までは

投稿: おたま | 2014年4月26日 (土) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六甲・神戸大学① | トップページ | 六甲・神戸大学③ »