« もう少し・・と言わず。 | トップページ | 春風のように羽織って・・ »

2014年3月15日 (土)

与話情浮名横櫛・死んだはずだよお富さん


baseballbaseball


京都南座。三月花形歌舞伎・昼の部を観てきました。

演目は 吹雪峠
     素襖落
     与話情浮名横櫛

伸び盛りの花形(若手)、四代目尾上松緑と五代目尾上菊之助の二人が中心の舞台でした。

clover

当分、歌舞伎には行かない!
だって、おもしろくないもん。観たい人出ないし・・・
なんてね。
ぶーぶー言ってたけど、やっぱり幕が上がる前の場内はいいですね。ワクワクしちゃうhappy01

ということで、久々の歌舞伎記事です。

まずは与話情浮名横櫛(よわのなさけうきなのよこぐし)
いわゆる「切られ与三」でございます。

clover

音羽屋の「家の芸」ではないけど、江戸前の粋ですっきりした世話物として代々菊五郎が当たり役としてきた演目です。

このたび菊之助の初演ということで、「見ておくかeye」(上から目線)と出掛けました。

《一幕「見染め」》

一目合ったその日から、恋の花咲くこともある
見知らぬあなたと見知らぬあなたが・・・

  heartフォール・イン・ラブheartheartheart

カネモのボン・与三郎(家庭の事情でちょっとブルーです)と
893の情婦・お富(こちらも脂ぎった親分の相手に退屈しきり)
二人が運命の出会いをしたのは・・
そ。木更津の浜でございました。

木更津キャッツアイ・・猫の目ならぬ「一目ぼれ」

clover

そらもう、えらいことでしたわ。
人目を忍ぶ恋の発覚。
与三郎は半死半生のコテンパン。ボコボコにイワされ(やられ)893の子分どもにつけられた刀傷はぬあんと!34か所!
それを見ていたお富さん。
どうせあの人。生きちゃいない。そんなら。あたしも・・・って
ザップ~~ン。海に飛び込んだのさwave

《二幕目「源氏店」》

あれから三年。
ユスリタカリで日を過ごすチンピラ牛蒡に身を落とした与三郎が訪れたのは、な・なんとimpact粋な黒塀。見越しの松。
今では他の男の妾宅で優雅に暮らす(死んだはずの)お富んち。
夢にも思わぬ再会がまっていたのでございます。

なんてこったい!

ども。ども・・・なんて挨拶交わすはずもなく・・・。

でも、皆さま!ご心配には及びませんわ。
歌舞伎にありがちな「んな!アホな!」やってくれまっせ。

海でアップアップしてたお富を掬い上げたのは彦三郎が演じますところの江戸商人・多佐衛門。
この方の好演で舞台が大きくなります。

旦那という人。実はお富の実の兄(そんなバナナ)
な~んだ。そうだったのか。と二人は仲直りをしたのでありました。チャンチャン。

clover

余計なハナシですが実は与三さん。まだまだこれから運命にもてあそばれます。島流しあり~の。脱獄あり~の。お富には殺され掛け~の・・ぷぷ。

でも、本日はこれぎり。
めでたしめでたし。で幕でございまする。

clover

まず、初役の菊之助。色男から悪党への変化を若々しく演じて良かったと思います。
細かいところを上げればきりがない。おばちゃま、そんなイケズと違いますえ。

容姿の良さ。声の爽やかさ。舞台がパッと明るくなるような華はお父さんゆずり。
技巧の役者というより仁(にん)で勝負できるというのは、これはもう理屈じゃないわね。
大きな武器をお持ちです。

この方を初めて見たのは確か・・小姓弥生だったと記憶しています。
振りが身に添わずカチカチの上半身に思わず「新体操の選手か!」と突っ込みましたけどね。美しく品がありました。そこのところは文句のつけようがなかったです。

clover

やっぱり、細かいところにも触れておきます。触れるんや・・
イケズとちがいまっせ。「感想」でおま。

身は落としても手拭いの下の若旦那の色気と品は隠せない・・花道の出。結構でした。

お待ちかねの「源氏店」げんじだな
大向こうから声が掛る。「とわやっ!」
ここは、ひとつ「たーやっ!」というのも欲しかったですわ。
それと、「待ってました!」のあとの「たっぷりと!」が微妙に間が悪くて芝居とすこし被りました。大向こうも役者と思うおたまとしては…残念!

さて。「しがねえ恋の情けが仇・・」から始まる名調子。高めのセリフも美しく・・と言いたいところですが
もう、なんか・・間違えないかしら・・とドキドキして、おかげできれいな足のラインも見落としましたよ。

石ころを蹴る所在無げな雰囲気。ここはお坊ちゃまらしさが出ているんだけど、蝙蝠の安に言い込められ甘えた風のセリフ。
「そんなにいわなくても・・いいじゃねえか」この・・のところ、も少し欲しかったわ。淡白な芸が持ち味でいらっしゃるのは知ってるけど・・

「よしてくれ・・そんなんじゃねえや」もね。ここ若旦那の気分がでるところですから。

話は戻るけど「見染」の「羽織り落とし」の場面ももう少し呆然としていただけたら・・。
魂・・抜かれちゃったぜ・・みたいな。

あと、花道で与三と安が金を分けるところ、面白みがね。一工夫、お願いしたいと思っとりますが江戸前の芸というのはああいったふうなのでしょうかね。ウチラこてこてに慣れてるさかいになあ。
小悪党同士の楽屋落ち。ああ、いつもこんな風にやってるんや・・と客に思わせる。その中にも思わぬ再会の驚愕とお富への恨みつらみ未練を抱えた与三の心底・・。

だから、幕切れも物足りない物足りない。もっと喜べ~~
名場面んの後だから観客も気が抜けてるんだけど、この幕切れは寸詰まり感が否めない。

clover

梅枝のお富。色香十分の中にも初々しさがあり上出来だったと思います。
「おぬしは俺を見忘れたか」のところで、「しぇ~~」とまでは申しませんがもう少しのけぞっても(心もちの話ですよ)よかったのにとおもいましたが、これもこてこて・おたまの感想です。

萬屋独特の品のある美しい女形でした。

もっと書きたいけど・・このあたりで。

clover

与三郎・菊之助 お富・梅枝 鳶頭・松緑 
蝙蝠の安五郎・團蔵 和泉屋多佐衛門・彦三郎


;baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« もう少し・・と言わず。 | トップページ | 春風のように羽織って・・ »

歌舞伎・映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう少し・・と言わず。 | トップページ | 春風のように羽織って・・ »