« 与話情浮名横櫛・死んだはずだよお富さん | トップページ | 比良八荒 »

2014年3月16日 (日)

春風のように羽織って・・


baseballbaseball


その二日前は雪がちらちらしてました。
なのに、この日の日中予想気温は16℃

ホンマでっか!半信半疑で京都へ吟行です。

clover

しかし、ナニやね。おばちゃんの「ひとかたまり」って・・・
言うたらナニやけど

・・・・・・・・・・

     汚ちゃないねdownドヨヨ~ン

                        ・・・・・・・・・

若いお嬢さんが数人寄っているのは、キラキラと明るいのにね。

おばさんのファッション。
やたら黒ずんでいる。黒っぽい。

燃えるゴミの日と違うんやから。
そんなところでかたまってたらごみ収集車に回収されまっせ。
みたいな。

殿方のほうがまだマシやな。
かろうじて個性発揮。よく見るとおしゃれだし。

女性は「それは制服ですか?」と尋ねたくなるほどよく似ている。
黒・グレー・濃い目の茶色・・・
それが、揃いも揃ってボンレスハムみたいなダウンジャケットorコートなのね。

なんで、きれいな色を着ないんやろ・・

黒髪に黒い目。黄色い肌のジャパニーズだもの
ヨーロッパのマダムみたいにはいかないやろうけど
あまりにも個性がなさすぎるわ。

clover

おたま?おたまでっか?
この日は薄手のコートです。

カレーライス色にしようか
ドラえもん色にしようか

迷いました。(たくさん、お持ちなのでね)

吟行はグループで行動することもあるので、目印になるようにカレーライス色にしました。
動く誘導旗です。

このコート。親友エミリーのプレゼントですねん。
先月押し付けられ。頂戴しました。

大阪マダム。すぐに値段をいうのは下品や!って思うけど。
エミリーの方から言いました。

    980円やってん・・・

お揃いで買うといたで・・って。

もう・・信じられんわ。デフレも行きつくところまで行き着いたね。
洋品店の店じまい商品だそうです。

clover

おたまちゃん。これがまたimpact
  980円がよう似合いますねん。

エミリーにお出かけの報告をいれました。
すると。すぐに着信があり
「信じられへんわ。それ着て京都に行くなんて・・」

え~~。世間に見せられないようなものを呉れたの?

でも、俳句仲間にはメタンコほめられたよ
「よく似合ってるわ・・」って。
絶賛の嵐勘十郎や。

嬉しいような悲しいような・・・

言わなくてもいいのに口がもぞもぞ。
「友達のプレゼントやねん。980円なんやってup

   うっそ~~

9800円には見えるよ。なんて「褒められて」???

Dsc02373取り外し不可能
フード付き。

Dsc02374
モデルはひっちゃんのギターだよ。

(実物は。も少しカレーっぽい色)
ヒップの隠れるハーフ丈。

闇夜の横断歩道でもすぐわかる蛍光カラー
おしゃれと機能性を両立させた夢のコート。

まるでガーゼに包まれているような軽くやわらかな着心地は着ているのを忘れそう。
ついでに脱いで忘れても惜しくない驚きのプライス

ゆるっとしたシルエットでこなれ感のある着こなしを完成させてくれるマストな一着です。

おかげで春風を羽織ったような素敵な一日でしたわ。
エミリーありがとう。あと10年は着るよ。

思えば、あれは’80年代。
うちら、色違いで「ウン十万円のコート」買ったよな。
バブルに浮かれてたんやな。頭おかしかったわ。

980円で十分やったのにね。


;baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« 与話情浮名横櫛・死んだはずだよお富さん | トップページ | 比良八荒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

"ゴミ収集車に持って行かれる。。”って、笑いました。同感です。枯れて行くのですから、それを助長する色を着てどうする?っていつも思います。綺麗なカレー色ですね。因みに私のコートは赤。ダウンジャケットはターコイズブルー。(フリーマーケットで500円!)凄いでしょ?重宝してます。

投稿: アンヘラ | 2014年3月16日 (日) 10時30分

洋服は値段じゃない!最近になり、ようやく悟りました。私たち(同僚・・・)は行きつけのブティックがあります。カタカナの名前のお店の名前が覚えられず?〇〇ブティックと地名で呼んでいます。私よりずっと若い人もそう呼んでいます。セールの文字には情報がドンドン入ってきます。値段じゃなくて似合うかどうか・・・着こなせるかどうか・・・そして好きかどうかも大切です。もっとカレーライス色のコートすてきですよ!私も〇〇ブティックで正にカレーライス色のショートコートを買いました。デザインは違うけれど、半額になるのを待って買いました。春に負けないように(調和するように)です。

投稿: いろは | 2014年3月16日 (日) 16時46分

こんばんは!
以前ユニ黒には若い人が買い物に来ないらしい、ということを聞いたことがあります。
来るのは熟年(?)女性だそうです。
お値段は安いし、品物も値段の割には良いし、
サイズも大きめのものまでちゃんとそろっているからだそうです。
そう言われれば私もユニ黒をよく覗きます。
(買うのは息子のものですけどね^^;)

確かにユニ黒のものだとわかるダウンコートを着てる人を見ると
私はあれを買わなくて良かった、と思っちゃいます。
だってすれ違った人が自分と同じものを着てるなんてちょっと嫌ですもの^^;

もっとも、ユニ黒がいけないのではなくて
「自分らしさ」が欲しいと思っているのです。
その自分らしさがユニ黒ならそれでいいけれど、
年齢にあった、そして自分の理想にあう服装をしたいと思っています。
自己主張ですからね、服装は。
とは言いつつ、人からの貰い物が多いので、なかなか自分らしく着こなすことが出来ないですけどね!
それにしても名古屋はたとえ閉店セールでもこのお値段では買うことが出来ないでしょうね。
大阪(?)、恐るべし・・・

投稿: こごろう | 2014年3月16日 (日) 22時43分

ひっちゃんのセミアコはセンスが良いと思うが
以下略~

まぁその色とモデルを着こなせてるとしたら相当センスが良いという事なのでしょうね
俺がそれ着たら、下手したらカエルと間違われるでぇ~

投稿: | 2014年3月16日 (日) 22時52分

憎まれて、世にはばかるように・・・
あえて、書かせて貰います。
孫に読み聞かせた絵本
「はらぺこあおむし」思い出しました。
末期のダンボ

投稿: osダンボ | 2014年3月16日 (日) 23時03分

オタマさん、こんばんは、

春風をまとって…もう少しカレー色って。。それなら「辛子色」くらいですか、旗を持たなくっても☝️。。誘導には持って来いですね、貰いモノにしても、そりゃー おたまさんのこと、春風のように着こなしておられれば うふ、値段なんて。
デモ一言、やっぱりそれが❗️ ペコリ。。

投稿: | 2014年3月16日 (日) 23時25分

baseballアンヘラさん
負けました。500円!
でも。あたちはプレゼントやし「0円」
勝った!勝った!

baseballいろはさん
そうです。そうです。春にドヨヨ~ンとしていてはいけませわ。
お洒落は自分のためのもの。楽しみませう。
カレーライスひっかぶって今日もでかけてきますrun

baseballこごろうさん
柳井さんが「工業製品」って言ってるくらいですので。おしゃれアイテムではなく生活用品と割り切ればユニクロはなかなかだとおもいます。
素材・キチンとした縫製・安価・・

ユニクロの進出で日本人の普段着があか抜けたという声がありますが。う~~ん。
日本人は「右に倣え」だから
結局みんな同じ格好をして安心してしまうのですよね。

baseball名前を書くんだ!poo!
それがね・・着こなしてますねんで。
人も車もよけてくれますねん。
poo氏はメタボだからね。カエルというよりも
キングスライム・・・ぷぷ。

baseballダンボさん
しどいわ!しどい!
絶対100歳まで生きはると思いますわ。
テルテルに頼んでその口、ひねってもらおうかしら。
夜、電気の下でフラッシュなしで写したらこんな色になりましたが、実際はもっともっとゴールド(カレーライス)です
なので、腹ペコあおむし。というよりも米俵にちかいです。
威張ってどないしますねん!

baseball風さん
こういうのを
「弘法筆を選ばず」っていうのですかね。
違うかhappy02

投稿: おたま | 2014年3月17日 (月) 08時43分

う~ん、ギょぎょぎょぎょ???
どう見てもカレー色には見えなかったので。私も青虫だと思ってしまいましたが、たぶん、光線の具合だろうとは思っていました。光ってすごいですね。たまに、推理物で街頭の下に見えたのは黄色ではなくて・・・とか謎解きやってますね。

投稿: campus cat 55 | 2014年3月17日 (月) 20時24分

baseballcampus cat 55
実物をお見せできないのが残念です。
絶対的に「きゅっぱ」には見えませんからscissors

投稿: おたま | 2014年3月18日 (火) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 与話情浮名横櫛・死んだはずだよお富さん | トップページ | 比良八荒 »