« お花屋さん | トップページ | 素襖落・吹雪峠 »

2014年3月21日 (金)

東京へ


baseballbaseball


昨日の夕刊一面に大きく載ってたんやけど
「湖北の観音さん18体」が東京で展示されるんやてね。

京の比叡山・大和仏教・北陸白山信仰・これらの合流地点には独特の観音信仰があり多くの観音様が祀られています。
白洲正子や井上靖らに愛されたことでも有名です。

clover

東京芸術大学から招かれ・・・ということやから
例の、ほれ・・あの・・その・・

おたまが、いつまでたっても好きになれない「せんとくん」を作った先生のお声掛かりじゃないの?

おたま個人の意見やし、好きに言わせてもらうけど
東京なんか行って欲しくないわ。

clover

去年の春の始め、湖北の観音の里を巡りました。

 「春浅き湖北に仏たずねけり」 おたま

それはもう、里の人達が大事に大事に守ってはりますねん。
幾たびもの戦禍を避けて、土の中に埋めたり、川の底に隠したりして守り抜いてこられたものです。
暮しにしっかり根付いた観音さまたちです。

あの静かな村の小さな里におはすのが一番やし。
美術品とちがいますねん。
信仰の対象です。

  「水温む仏守りて十戸の村」 おたま

あの場所で拝してこそ値打ちがあります。

新聞では
「里人は《うちの観音さん》の活躍を楽しみにしてる」とありました。

そうなんかなあ・・

clover

ブログにも書いたけど、あのとき・・去年の湖北の旅でであった、「男性」ですが
ほんまに、「本」を上梓されて、ちょうど一週間前に送ってきてくださいました。

内容が面白いので、また別の日に書きます。

clover

なんか、せんとくんが嫌いやから、イケズ言うてるのと違いますよ
東京なんか、行かんでええ!!

行かんでええ!!

ところで

・・・・おたま。来週、東京に行きますねん。楽しみ楽しみ。

おたま観音。ちょいと下見に・・・湖北の観音様のために

行ってきますわrunきゃっほ。

(追記)

その東京での展示会のことをアンヘラさんが記事にされています
こちらです⇓

http://haruhime3.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/post-e31b.html


;baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« お花屋さん | トップページ | 素襖落・吹雪峠 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おたまさん、こんにちは(笑)

先日は、素晴らしい俳句を狸の好きなままに感動伝えたら
ーーー(伏字にされた …>_<…)あらら、悲しい。
「水温む仏守りて十戸の村」イイですね、狸が住む信楽の
勅旨には「小宮さま」がありそれぞれ大切に守ってます。
鄙に住む里人の気持ちに打たれる 雪降る紫香楽です。
東京へ あはっ、行かんでええのに❗️ 朝令暮改 (笑)

投稿: 風 | 2014年3月21日 (金) 13時29分

湖北・湖東あたり大好きです。
名古屋からバスツアーも出ていますので
渡岸寺の国宝十一面観音さまに会いに行きました。
腰を少しくねらせたお姿がなんとも美しかったです。
東京へ?いいですね。
銀座のビアホール『ライオン』のビールが美味しゅうございました。
美術館めぐりもしたいです。
句は無理でも、飲み歩きは得意かも・・

投稿: ばんび | 2014年3月22日 (土) 10時52分

baseball風さん
ウチは検閲が厳しおすhappy02ブログ管理人の好き放題です。べろべろ。
でも。ありがとうございました。
信楽はやはり地理的に言って大和色が濃いのでしょうね。
アイラブSIGAとしては信楽方面も探訪しないといけませんね。
松茸と松阪牛の暴れ食いばかり行かずにね。

baseballばんびさん
観音の里いいでしょ?
おたまは8か所くらいしか回れませんでした。雪の残る早春の景色が里の風景とよく合っていました。

東京は、日本一地価の高いところでマーキングしてこようかと思ってますねん。ぷぷ。

投稿: おたま | 2014年3月22日 (土) 21時32分

ええとこ取りの<東京>にて仏さまを一挙に拝させて頂きますね♪ 
せんとくんについて。あれはね、有り得ないんです。”男の頭に角が生える” のは ”女房に浮気されているバカ男”という意味なんですよ。ラテンでは。それがまあ、選りによって偉大なる仏陀の幼少期のお姿に冠するとは何事でしょうか。奈良県に抗議いたしましたが、エイのお化けの様なマント君が増えただけでした。。。

投稿: アンヘラ | 2014年3月23日 (日) 10時26分

baseballアンヘラさん
東京芸大内の美術館で展示されるようです。
また、感想をお聞かせください。

男の角ってそういう意味があったのですか。
やだ。
せんとくん。馬鹿男だったの?
どうしても好きになれません。

投稿: おたま | 2014年3月23日 (日) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お花屋さん | トップページ | 素襖落・吹雪峠 »