« 京都東山界隈・吟行 | トップページ | お花屋さん »

2014年3月19日 (水)

H子さんと再会



吟行には二年前に有料老人ホームへ入所されたH子さんも参加されました。
老人ホーム探訪記は⇐ここ
戴いた屏風はとても大切にしています。

どうせお暇な、あなた様 素敵な屏風の写真だけでも覗いていただけたらうれしいですわ。

相変わらずの笑顔で仁王門の下で待ってくださっていました。

男性メンバーがイタリアンな男に変身してハグでご挨拶。
階段では交代で手を繋ぎエスコートです。

「H子さん。ナイトだらけでモテモテやね」というと
「アチラを立てればコチラが立たず・・」とウィンクをされました。


Ll円山公園でミニ吟行句会をしたあと、

長楽館でお茶(ウソ)おビールをいただきました。

ここ、昔はレディースホテルだったのよね。その時に泊まっておいたらよかったな。
今はたぶん、一泊10万円位じゃないかなあ。

Dsc02366

元はビリヤードをするためのお部屋です。
ここでBeer time

H子さんとは半分は筆談です。要約筆記のための小さなバインダーを誰かれなくもっています。
大きな声だと聞こえるので。男性とおしゃべりできるのが楽しいわ。といわれます。

「おたまちゃん。何歳になったの?」 「ウン歳!」
「H子さんは?」
「ナイショ」

80歳になる前に老人ホームに入る。と言われて、あれから2年だからバレバレやねんけどね。
「再婚は?」 「希望は捨てていない」
「朽ち果てるのは惜しいよ」 「(ホーム)でいい人探しておいて」
「よっしゃ!まかせとき!」

筆談しながらキャッキャ言ってる様子を誰かが「句」にしていました。

句仲間の女性メンバーはみなH子さんをお手本にしたいと言っています。

自分はどうしたいかがきちんとある。
大きな手術を何度も乗り越えられた。
愚痴は聞いたことがない。
いつも明るく。美しい。
そして、ユーモアにあふれている。

別れ際には、お茶目に投げキッスを送られました。
いつまでもお元気でいてくださいね。

K
長楽館の憚りさん(トイレ)の窓

Dsc02364そして、手洗い場。
おされだにゃ~。

誰もいないのでコッソリ撮ってきちゃったよ。


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« 京都東山界隈・吟行 | トップページ | お花屋さん »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

暇なんで奥の細道屏風見せていただきました。
六曲一双の屏風をいただくなんてスゴイですね。
私も
『自分はどうしたいかがきちんとある。
愚痴は聞いたことがない。
いつも明るく。美しい。ユーモアにあふれている。』
そんな人になりたいもんです。

投稿: kimi | 2014年3月19日 (水) 12時13分

おたましゃんも格好いい○生の送りかたしてるよ~
トイレのステンドガラスやタイル張りの手洗いとかお洒落やね
この雰囲気の物は今時の家には合わないんだよなぁ

投稿: poo | 2014年3月19日 (水) 19時30分

長楽館の宿泊部分は改装してしまったので高級ではありますが何の面白味もなさそうです。関西のクラシックホテルならやっぱり奈良ホテルでしょうか。

投稿: ヴェルデ | 2014年3月19日 (水) 21時42分

kimiさん
蕪村の絵がいいでしょう!
蕪村って絶対ええ人やった・・っておもいます。
周りに、良いお手本があるのは嬉しいことです。すごくきれいな方なんですよ

pooさん
おりこうさんのpoo氏。ちゃんとお名前書けたね。せんせ。花丸をあげませう。

昔の洋館って、装飾が美しいですよね。
この窓や洗面台は、きっと後から付けたのでしょうけど、建物の雰囲気によく合ってます。
窓枠やトイレの扉が「木」だからね。やっぱり、温かいですね。

ヴェルデさん
そうなんですか。昔のままではないのですね。でもお金持ちは利用しはるんでしょうね。
奈良ホテルはお茶しか飲んだことないけど(ケーキ美味しくなかった)やんごとなき方々の訪問時の写真がべたべたで・・
あれって、居酒屋に芸能人のサイン入り色紙飾ってるみたいなもんじゃないの?っておもいましたわ。
大昔、東京駅構内のステーションホテルに泊まったことがあります。階段なんかギシギシいって、それはもうクラシックでした。
ここも、改装後は庶民おたまの泊まれるところではなくなったようですね。

投稿: おたま | 2014年3月20日 (木) 08時25分

おたまさん
ごぶさたです。いつもたのしみに読ませていただいています。先日のお味噌汁の記事には刺激を受け、子供の頃の話を、半年ぶりにブログでUPした私です。あはは。

ところで、今日は疑問です。
六曲一双の屏風ということですが、もしかしたら一双ではなく、一隻ではないのでしょうか?
べつに重箱の隅つっつくわけではないですが、一対のもう片方の写真がないようなので…。


投稿: ユウコ | 2014年3月20日 (木) 20時47分

ユウコさん
ワオッ!
間違ってます。一隻ですわ!
おたまJrにも訂正するように言っておきます^^
ご指摘ありがたう。

で、お味噌汁ってなあに?
もしかしたら死にかけた話?

ユウコさんも同じ失敗?ぷぷ。さっそくおじゃましてこよーっと。

投稿: おたま | 2014年3月21日 (金) 10時08分

屏風。スゴイですね。又、あなたに貰われて良かったですね。(だって読み解けないもの。)”旅”が好きで、長らく海外に住んでいたのも、今から思えば<旅>でしたわね。旅は別れ。そうですね。出会っては別れ、傍にいた人々も段々と居なくなるって。。ああ、シミジミしてしまいますわ。

投稿: アンヘラ | 2014年3月23日 (日) 10時45分

アンヘラさん
海外だと再び会えない確率がぐっと高くなりますものね。
でも考えてみたら国内でも同じ。
出会いと別れの繰り返し・・しみじみ

投稿: おたま | 2014年3月23日 (日) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都東山界隈・吟行 | トップページ | お花屋さん »