« 秋の京都・墓めぐり | トップページ | 大切な君をずっと抱きしめて »

2013年12月17日 (火)

ブログの落とし穴



111126_017_2


「鉄塔の上に人ゐる寒の晴れ」 おたま

 

今年もあと半月ですね。

ブログに・・・お気楽に
「私、今度の日曜日に○○へ行きます」
と書いたら

当日、その○○で
「もしもしチョメチョメ(ハンドルネーム)さんですか?」
声を掛けられ

 

  ビビッたビビりまくった。

 

                     という話を聞きました。

あり得ない話ではないな。
あたくしも、気をつけよ~~っと。

なんせ。可愛いとか美しいとか書きまくっているので・・
いえいえ、決して嘘ではございません。

 

  やましいことなんか何もないぞ。
どっからでもかかって来なさいだけどね。

・・・・・・・・・・・

今ね、ブログを書き始めて
ふと、そんなことを思い出しましたの。

自意識過剰だわね
美空ひばりでもこまどり姉妹でもないわけですものね。
(イミトロロの方。無視してください)

一月吟行の幹事に当たっているので色々考えて「寄席」にしましたの。
素敵でしょ

餅花の揺れる木戸をくぐって・・
新春の華やかな雰囲気を味わいながら

 

        初笑い 

 

笑う門にはラッキーカムカムだわよ。

チケットも人数分確保!しました。
落語中心で三時間。
映画を見る料金で楽しめます。

大ホールと違ってこじんまりした空間はアットホーム
(だと、思う・・たぶん)
とっても楽しみです。

大阪の定席は「天満・繁盛亭」と「西成・動楽亭」の二か所です。
さて、うちら、どちらに行くのでせう。

大いに笑いたい方。
初笑いにおでかけなさいませんか?

 

「一月某日。おたまは寄席に行きますねん」

と。告知してみる
それらしき、べっぴんさんを見かけたら声を掛けてくださいね。
この顔で

 

笑わせて ビビらせて差し上げませう。

石は投げないで下さい。

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


 

|

« 秋の京都・墓めぐり | トップページ | 大切な君をずっと抱きしめて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寄席ですか
良いですね~~!!
私は学生時代から落語が好きで、よく池袋演芸場に行っていました。
もう無くなってしまったけど実にアットホームな演芸場でした。
もぎりのおばさんに料金を払って、一緒にお茶を買うのです。
それがお盆にのった急須と1枚のおせんべいで500円だったと記憶してます。
あ、もちろん湯呑もついてますよ。

畳敷きの大広間のような演芸場で
寝っころがって話を聴く人もいれば
ちゃんと座椅子に座って話を聴く人もありで、いい雰囲気でした。
でもでも・・・
トイレの香りもするのがなぁ・・

そんな演芸場はもうないのでしょうか?
おたまさんがお出かけする寄席はきっと綺麗な場所なのでしょうね。
いつかぜひレポートをお願いします。

投稿: こごろう | 2013年12月17日 (火) 15時25分

こごろうさん
いいなあ。
おたま、落語の「寄席」には言ったことがありません。
昔の「中座」や「花月」の漫才の間の落語はききました。
関西落語は戦後全く低迷していて「定席」を持つなどあり得なかったようです。
10代のころ「寄席」ブームが起きて、あちこちの大学でオチケンが活発になりました。
サンケイホールの米朝独演会はよく行きました。米朝さんより、前座の小米(のちの枝雀)さんが目当てでした。
つい、何年か前にやっと、落語の定席ができました。
東京から比べると遅れていますね。
噺家さんの中身もずいぶんかわりました。

投稿: おたま | 2013年12月19日 (木) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の京都・墓めぐり | トップページ | 大切な君をずっと抱きしめて »