« バンコクハイライト・寺院めぐり | トップページ | ベトナム・タイ旅行記おわり »

2013年11月23日 (土)

バンコク・涅槃寺とアユタヤ遺跡



涅槃寺
ワット・プラチュートゥポンウィモンマンカラーラームといいます。
46メートルもあるお釈迦様の寝姿で有名なお寺です。

 

Dsc01963Dsc01965Dsc01968
Dsc01969やっと、素晴らしい螺鈿細工の足の裏に到達しました。
曼荼羅(たぶん)の宇宙がえがかれています。

 

Dsc019721973


20バーツ(60円)でコインをわけてもらい108個あるお賽銭箱に入れて行きます。
全部入れると願いがかなうそうですよ。
Dsc01975_2お釈迦様のお背中。

 

う~ん。やっぱり
いい男だ。

 

精巧な細工が素晴らしい。

 

このお寺はアユタヤ王朝のころに建てられたそうです。

チューリップの国オランダからの観光客と行き合わせ、よっぽど、あてくしが可愛かったのか珍しかったのか写真を一緒にとおねがいされちったよ。今頃国に帰って大笑いされてるんかなあ。

タイの国旗「」「」「白」はそれぞれ「王様」「国民」「仏教」を表します。

現在87歳になるラマ9世が王に就くときにもきな臭い逸話があったようで、韓流時代劇ドラマ大好き奥様・アッコさんはしばし妄想の世界へワタクシたちを引きずり込むのでございます。

そんな(どんな?)王朝の歴史の変遷をしのぶべくアユタヤ遺跡へ参りました
14世紀半ばから18世紀半ばまで続きました。
世界遺産に登録されていますが繰り返される戦争のため石像や建造物は破壊され尽くしています。
アメリカが船でごっそりと運んで帰った(これ、ガイドさんの話やから、おたまは責任ようもちませんけど・・)
ということで、イマジネーションを働かせてみることにしませう。
Dsc02016
Dsc02017
Dsc02018もう・・・
日本語での注意書きが恥ずかしいよ。

 

像や塔に登らないでください。とも書いてある。

 

Dsc02030

この方。マトリョーシカの君(中)です。


ということで
旅行記いよいよ、明日が最終回ざんす。

エライぞ。(自分で言わなきゃ誰が言う)
飽き性おたま、書ききったぜ。
あと一日あるけどね。

 

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


 

|

« バンコクハイライト・寺院めぐり | トップページ | ベトナム・タイ旅行記おわり »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

おたましゃんってその歳になってまだ欲があるんですね
あぁそうか!きっと大好きな真綿嬢一家に良いことがありますようにって願いだね~♪

投稿: poo | 2013年11月23日 (土) 19時22分

お賽銭を入れている色白の素敵なマニキュアの手はおたまさんですか?
とてもカラフルで美しい手ですね。

投稿: スマイル | 2013年11月23日 (土) 19時54分

POOさん
おたま、人のために祈ってばかりだよ。
自分はどうなってもいいの世界が平和なら・・
嘘だぴょん。
自分の達者で長生きをお願いしてきました。
POO氏の大漁もお願いしたらよかったね。
すっかり忘れてた。ごめんね。

スマイルさん
ふふふ。
かわゆいでそ・・

投稿: おたま | 2013年11月24日 (日) 09時31分

いやー懐かしい、観光地の再現ありがとございました。最後のページを読む前にお礼申し上げます。
と申しますのが、そのおりダンボは団体の群から離れ、説明聞かず、犬ばかり追っていたからです。
屋台では残り物を貰うのに離れない子、涅槃像の後ろでデートする不埒なカップル、辛抱強く求愛のチャンスを待つヘタレ犬など、数多いショットをゲットしました。

投稿: OSダンボ | 2013年11月24日 (日) 14時03分

ダンボさん
おたまも、犬の写真たくさん撮ってきました。なぜか、みんな愛犬ふくちゃんに似ているのです。ふくちゃんのルーツは南方だと思いました。
日本もむかしは普通に町に犬がいましたね。
なつかしい風景でした。

投稿: おたま | 2013年11月25日 (月) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バンコクハイライト・寺院めぐり | トップページ | ベトナム・タイ旅行記おわり »