« ベトナム・ハノイ NO more War | トップページ | ベトナム・タイ。旅はみちづれ »

2013年11月17日 (日)

ハノイ・輝いている若者たち



その昔、ベトナムは王様の国でした

今も「王様」に対する敬愛の念は厚く、
学生たちが「王様」に卒業証書を見せにやって来ます。
Sc01704

この方が王様ですね。

LY王(?)
間違ってたらごめんなさい。

で、この正面の階段をずーっと降りて行くと

1705みんな卒業証書を手に持ってご挨拶をしているところです。

彼ら来年の卒業予定者で、これは記念写真の「前撮り」

どうも「前撮り」が潮流らしく、観光スポットや綺麗なホテルの前では「結婚式の前撮り」を何組も見かけました。

1708_2
どこの国でも若い女の子は可愛い。

C01821このアオザイのお嬢さん方も
「前撮り」の学生です。

写真を撮らせてもらったお礼に
おたま、お手製の小さなストラップをプレゼントしました。

大喜びしてくれる三人の可愛いこと。

18261837

タンロン城(世界文化遺産)の楼閣から見下ろしたところです。
男の子も女の子も正装して、はいポーズ・・・・・・

繰り返される戦争のために古い遺跡はさほど残っていません。
1831年までここが王城でした。

Dsc01832

王族が廃止されベトナム社会主義共和国が誕生し
ホー・チ・ミンが最初の主席になります。

昨年旅行したトルコでも独立の父アタチュルクの人気は絶大でしたが、ベトナム人にとってのホー・チ・ミンは優れた指導者であると同時にその私欲のない清廉潔白な人物像により「ホおじさん」と敬愛をこめ呼ばれています。

(以下ガイドさんの受け売り)
ホおじさんは79年の生涯を独身で通し、その一生を革命運動に捧げた。
財産を持たず、亡くなったとき持っていたのはわずかな服とサンダルだけだった。

人民のお金を使わないよう火葬にしてほしいと遺言をのこしたが、当時の政府はロシアのレーニンの死体処理技術に習い、ホおじさんの遺体をのこした。
これは、ホおじさんに会う機会のなかった(特に南の)人のためだった。

・・・・

ということで、一昨日の「おたまちゃん《イイネ!》」写真のバックに写ってるのが、広大な「ホーチミン廟」でございます。

どう、なのでしょね。
遺言が活かされないというのは・・・

↓押して帰ってね。ぷ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

⇑ ⇑ ⇑ このボッチを押して頂ければ、嬉しいです。
期間限定(年内)
でランキングサイトに参加してみました。

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« ベトナム・ハノイ NO more War | トップページ | ベトナム・タイ。旅はみちづれ »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

まるでエキストラ呼んで撮影したかのような写真ですね
これもおたましゃんの日頃の行いが良いからこその出逢いかな

ベトナム戦争が起きてた頃私は幼すぎて何もしりませんでしたが、このての映画は興味がありよくみてましたわ
戦争なんてもんは悲しい事しかのこりませんね
と言ってはみるものの私、戦争を知らない子どもたち♪世代です~

しかしわからないのは何故トイレのお手拭きタオルを旅行に持っていったのか
また何故トイレのお手拭きタオルをあたまにまいているのか?
不思議だ…
考えられる事は出発間際までトイレに籠りギリギリで飛び出し間に合った
その際慌ててタオルを握り締めたままだった
こんなところかな
慌てていても手を洗っていくおたましゃんは立派です!
(手に○ん○が付いてしまったからという暴露はいりませんよ~)

投稿: | 2013年11月18日 (月) 10時11分

名前がないけどPOOだろそだろさん
う~ん。やっぱり日頃の行いかなあ・・
自分でもそう思います
でね、
この、世にも可愛いタオルは、「便所の手拭い」として買ったけどまだそこでは未使用なんだよ。首に巻いて頭に巻いてから、本来の使用目的にするわけ。
でも今。マスクにしようかな・・ってちょっと迷っています。

投稿: おたま | 2013年11月18日 (月) 11時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベトナム・ハノイ NO more War | トップページ | ベトナム・タイ。旅はみちづれ »