« ベトナム・ハノイ街並み | トップページ | ハノイ・輝いている若者たち »

2013年11月16日 (土)

ベトナム・ハノイ NO more War



ベトナムでは
春になると、北部には桃の花。南では梅の花が咲き
夏には国花である蓮の花。
秋には色とりどりの菊の花が咲きます。

ドラゴンフルーツ・マンゴー・ドリア・マンゴスチン・ジャックフルーツにランプータンといわれるライチに似た果物。豊かなみのりがあふれています。

1716履き物屋さん

 

ぎゅうぎゅう詰めの陳列台

 

 

 

 

01718道端でお肉を売っています。

 

夕方には小さな椅子を持ち出して食事をする人たちで活気に溢れる。

 

01699
(毛糸を編む女性。四季のあるハノイには冬があり。10℃になれば学校はお休みになります)

 

世界で二番目に多いといわれる54もの民族の住む国
この国の人達が我々に与える印象は

長年、他国の支配を受け、戦争に巻き込まれつづけ、17度線で国を分断された悲劇の国民とは思えない

静かなたたずまい。
穏やかで誠実な深い目の色。

Dsc01810
刺繍工房で働く女性

ベトナム戦争終結から37年。
米軍が使った枯葉剤の影響を受けたと言われる人たちがこの工房にもおられました。

日本で有名なベトちゃんドクちゃん。
兄のドクちゃんは残念にも亡くなられましたがベトちゃんは結婚し子どもにも恵まれ、いま医療機関に勤務しておられるそうです。

わたし世代の人なら、自分の多感な時期とベトナム戦争が重なっていたことを忘れることはできないと思います。

反戦が時代の空気であり、自分たちの手で世界を変えられると信じていた若者が多くいました。

こたま(少女の頃の私)も深くわからないままに制服の胸に
「アメリカはベトナムから出ていけ」のプラカードを持つ女の子のバッジを付けていましたっけ・・・

ベトナム戦争で使われていた本物の砲弾を当時、手にしたことがあります。
野球ボールほどの大きさで中にはぎっしりと散弾が詰まっていました。
発射された砲弾は炸裂すると目標物(人体)に散弾が食い込みさらに爆発をおこして破壊にいたらしめるのです。

なぜ、日本に住む、15歳の女の子がそれを手に取ることが出来たのか?

答えは簡単です。
それを日本で作っていたから・・・

・・・・・・

帰国した12日の夕刊には日本、トルコ両政府間で防衛装備品の共同開発計画があると報道されていました。
例外化や緩和案なんて言い訳をしなくても、この国の武器の輸出を禁じる武器輸出三原則なんてと~~~っくの昔から絵に描いた餅でした。

ガキのころは「大人は間違ってる!」っていえるけど
自分が大人になっても何もしない・・。

 

いやになっちゃうね。←あたしのことね。

 

明日はパ~~ッとメンズの話か食べ物の話でもしませうかね。

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


 

|

« ベトナム・ハノイ街並み | トップページ | ハノイ・輝いている若者たち »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

ベトナムというと、ダンボ世代はアメリカが介入した「ベトナム戦争」が真っ先に頭に浮かびます。
タイが頬笑みの国と言われますが(今は何かきな臭い)、ベトナムの人々も穏やかなのですね。そんな国民がよくぞアメリカを退けたものです。
三女と一緒に観た「プラトーン」二人ともエンディングロールが流れる間、腰が抜けたように立てませんでした。アメリカ映画だというのもショック!

投稿: OSダンボ | 2013年11月17日 (日) 00時04分

おたまちゃん、おはようさん!、

そうそうあの頃、日本は武器を輸出しておりましたねっ、
ちとそのことが漏れた時、たしか三菱重工でした、
親がそこに勤める子が虐められてるというのが大ニュース
で福島原発事故と同じで論点をすり替えておりました。

ほんまにアホな日本の大人になってしまいもした、

イギリスにいた頃ベトナム人に日本はアジアの誇りだと
言われた時、ちとこそばゆかった私は今も健在です。

今の日本の政治家たちは落陽にあがく危険な人種ばかり
やはり一人一人がもっと考え、話し合い、参政する社会
それをしなければ第2,第3の福島は身近に起こることに
なるのでしょう…

自分のブログで書けばいいことをコメントでぇ〜、とは
思いますが、今日の記事のおたまちゃんに相槌でし!

投稿: hellblau | 2013年11月17日 (日) 07時46分

ダンボさん
腰が抜けたのは映画のせいですね?
良かった・・(アカンアカン)
ベトナムの人の(特に男性というか、男性しか観察してないけど)たたずまいというのはすごく魅力的です。
チャラチャラしてない。賢そう。
ちょっと前に日本でも「品格」という言葉が流行りましたが、無私無欲のホーチミンの逸話を聞いて、それを思い出しました。

ヘルさん
そやそや。うさぎ姉ちゃんとは話が合うから嬉しいわ。
軍需工場の名残(?)で今でも国内の機械メーカーやその他大手は「武器」を作っています。○○製作所・○○工業・○○重工業・・・
砲弾も多くは自衛隊の練習用やっていうてますが日本人が売った玉に当たって死んだ人がいるのは紛れもない事実です。
戦争に加担しているというシンプルな事実に痛みを感じない国。フクシマに対する感性の鈍さ・・こんな国民に誰がした!って結局は一人一人の責任やねんな。は~あっ。

投稿: おたま | 2013年11月17日 (日) 11時35分

あ、また帰って来てる(笑)
トルコの叔母は諦めたけど、今度こそはと。。。おかへり!
また楽しみが増えました!
ヘルさんに●さぎ姉さんって。。。
おたまおばちゃんも●さ●ちゃうん?
日本やったらあのかわいい●さ●ちゃんタオル頭に巻かれへん、、、、

投稿: モコ | 2013年11月17日 (日) 21時42分

モコちゃん
てへ。帰ってきたぜ。
強制送還
ヘルさんとはどちらが「姉ちゃん」か一歩も譲りあえない仲でおま。
ま。いいんだけどねここまで生きたら・・
あの。タオル優れものでっせ。巻きやすい巻きやすい。どこにでも巻ける。

投稿: おたま | 2013年11月18日 (月) 09時22分

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の特技 | 2013年12月 5日 (木) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベトナム・ハノイ街並み | トップページ | ハノイ・輝いている若者たち »