« ハノイ・輝いている若者たち | トップページ | ハノイ・ハロン湾クルーズ »

2013年11月18日 (月)

ベトナム・タイ。旅はみちづれ



さっき、スーパーに行ってきました。

「何でこんなもの入れるの!

奥様の声があまりにも厳しかったから思わず振り向きました。

「好きやから・・・」

定年退職してスーパー(マーケット)デビューを果たした風情のご主人様がうなだれていらっしゃる。

レジかごには紅ショウガが一袋・・

買ってお上げなさいよ。紅ショウガくらい・・

 

おお。よしよし。子犬なら抱いて家まで連れて帰るけど
…オヤジは、うちでは飼えない無理。


Dsc01833

 

 

 

 

 

 

 

 

 



(ハノイ・ハンロン城)
今回の(何度も言うけど)格安ツアーの参加メンバーですが
総勢24名でした。
内訳は、うちら女性3人。
      40代(たぶん)男性3人組。
      老姉妹2人。
      フィットネスクラブで仲良くなったというおじさん2人。
そして残りの14人=7ペアがご夫婦でした。

夫婦ペアのうち、どうしても、2組の顔が思い出せないです
物静かなご夫婦だったのでしょうね。印象が薄い。
最高齢は80歳のお父さん。←あだなは「社長」
あとは、紅ショウガさんみたいなお年頃が「リタイアしたから夫婦で旅行でも・・」という感じでした。

Dsc01844

同行のアッコさんもトシちゃんも夫帯者です。
アッコ's夫さんは飛行機が絶対ダメで
トシちゃん's夫さんは若き日にヨーロッパを放浪して、長年海外で単身赴任を経験したので海外はお腹いっぱい・・と言われるそうです。

「おたまちゃんはエエね。気楽でいつでも旅行に行けるし、費用も一人分でいいし・・」
っていわれるけど、酒の勢いで「いこ。いこって言うたのは姉さん方やろ!どっちが気楽やねん・・・

そりゃあ費用はいつでも一人分だけど、おたまだってひっちゃんと一緒なら楽しいやろな・・って思うわけですよ。

で、ご夫婦で参加されてる方々をみて
もっと、楽しそうにしたらいいのに・・・。
そんなことでもめなくてもいいのに・・と思うわね。

どうせ割れ鍋に綴じ蓋やんか・・夫婦なんてね。

大きなお世話か。

ご一緒した中で三人組の男性が、とても素敵でした。

三人はロシア土産のマトリョーシカですか?
と聞きたくなるほど雰囲気が似ている。
全員無口。ビール好き。穏やかな雰囲気。

大・180。中・175。小・170と揃ってる。、
揃いも揃って立派な躯体。アメフトとかレスリング経験者かと思ったよ。
どうも、友人同士ではないらしい。それぞれが敬語。

・・・・・・・

今回、日本からの同行添乗員は居なくて
ハノイ⇒バンコクの入国のところで2組のペアが迷われました。
バンコクの空港って広いのよ。
年配のご夫婦でした。
なかなか、出口のゲートにたどり着けず我々も心配しました。

それからというもの、この男性たち本当にさりげなく老人集団(含むおたま)をフォローしてくださいました。
集合時に全員が集まっているか確認したり、食事のときの飲み物のオーダーを手伝って差し上げたり・・でしゃばらず、さりげなく・・。
たぶんフォローされてることに気づいていない人もいたと思うけど・・

NIPPON男児も捨てたものではございませんわね。
ウチの、愚息たちもこういうことができる人で在ってほしいと思いました。
01726_2
レストランの可愛いお嬢さん

 

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


 

|

« ハノイ・輝いている若者たち | トップページ | ハノイ・ハロン湾クルーズ »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

うふふ♪
おたまさんのブログ、また1位に躍り出てますね。
やったね!!

連れ合いと今日もお出かけしてきました。
彼は運転が出来ないのでいつも助手席に座って
何気ない話をしつつ一緒に過ごすのが私たちの在り方です。
おたまさんのご主人様のことは何も知りませんが
とっても仲の良いご夫婦だったことは行間から読み取ることが出来ますよ。
どうぞご主人様のことも記事にしてくださると嬉しいです。

投稿: こごろう | 2013年11月18日 (月) 22時01分

こごろうさん
ありがとうございます。
おたまのブログ村滞在も残すところ1か月になりました。
突き指されていませんか?それだけが心配で・・・
夫は以前のブログには時々登場していましたが・・最近ご無沙汰ですね

投稿: おたま | 2013年11月19日 (火) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハノイ・輝いている若者たち | トップページ | ハノイ・ハロン湾クルーズ »