« 一期一会の二上山・その2 | トップページ | 過去を乗り越え生きてゆく »

2013年10月29日 (火)

一期一会の二上山・おわり


baseballbaseball   


(前日の続きです)

雄岳・雌岳からなる二上山(にじょうざん)は「ふたかみやま」とも呼ばれ、死者の魂の寄り付くところだといわれています。

「あそこは登ってはいけませんねえ。魔物が棲んでいますから・・。」と愉快そうにいわれます。

clover

一言主神社に行ってみたいといいました。
そこの大きな銀杏の木をみてみたかったのです。

時間はじゅうぶんです。

その方の車で案内していただきました。
途中で「素晴らしい場所があるので寄りましょう」と連れて行かれたのは

大和三山が見渡せる絶景のポイントでした。

天香久山・耳成山・畝傍山。見はるかす遠景に三つの丘がありました。
もちろん三山を同時に眺めるのは初めてです。

万葉びとになった気分でした。

clover

お別れの時間が迫ってきました。

当麻の里の名物よもぎ餅のお店に行きました。
ボランティアなのでご馳走になることはできません。と頑固におっしゃったのですが頑固さでは負けていません。「付き合ってください」と美味しくいただきました。



Dsc01567_2

お礼にと言って、この本をいただきました。
「亀井勝一郎」
国語の時間。なんだか漢字が多くて苦手だった人です。

「あそこで、私は左へいきますから」というところまで車の後ろに続きました。
分岐点ではハザードランプをつけ、窓から手を振ってくださいました。

clover

その夜帰ってきたひっちゃん(夫)に一日の出来事を話しました。
余程うれしそうに話をしたのでしょう。

ひっちゃんも嬉しそうな顔をして「良かったな。一期一会やな」といいました。

子ども達はすでに家をでていました。
姑が亡くなり、夫婦と猫の三人家族になっていました。

誰もいない昼間、気が付けば仏壇の前に座っていました。
「おばあちゃん。死んじゃったんだね・・」

人恋しさもあったのでしょうが、あのように初対面の人と打ち解けて素敵な秋の一日を過ごせたことは、出会いの不思議をかんじます。

お元気なら90歳になられているとおもいます。
いまも、あの当麻寺の北門のところに立っておられるような気がします。

clover

↓押して帰ってね。ぷ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

⇑ ⇑ ⇑ このボッチを押して頂ければ、嬉しいです。
期間限定(年内)
でランキングサイトに参加してみました。

 


;baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« 一期一会の二上山・その2 | トップページ | 過去を乗り越え生きてゆく »

不思議話」カテゴリの記事

コメント

秋っておたまさんでさえセンチメンタルにさせんだね
すごいなぁ

投稿: poo | 2013年10月29日 (火) 12時41分

ステキな一期一会ですね。
きっと姑さんからのご褒美ですね。
大和三山を額田王みたいに見てたんですね。
カコイイheart04

投稿: kimi | 2013年10月29日 (火) 13時13分

【お元気なら90歳になられているとおもいます。
いまも、あの当麻寺の北門のところに立っておられるような気がします。】
このくだり、ジンときました。
ちょっといい出会い、おたまさんの「ひとこま」を垣間見ることができました。
ありがとう。
ポチしたかンね。

投稿: 徒然キング | 2013年10月29日 (火) 13時51分

baseballPOOさん
え~。知らなかった?
おたまってコスモスが揺れるのを見てるだけで涙ぐむ乙女なんだよscissors
誰がおかめやねんannoy

baseballkimiさん
いやいやほんま。素晴らしい景色ですよ。
民のかまどは賑わっておりました。
いやん。額田王だなんて・・。罪作りな女・・うっふん。

baseball徒然キングさん
おおきにです。
いったい、死ぬまでに人ってどれくらいの人に出会っているのでしょうね。
良い出会いを気づかないままかもしれないし・・・
こちらは忘れていてもアチラが覚えてくれているかもしれないし・・・
人には親切にしよ~~っと。(一瞬)思ったおたまでした。

投稿: おたま | 2013年10月30日 (水) 08時24分

FBに現をぬかしのくだり 少々胸にぐさりでございます。
FB、祭り以来開くと法被姿のお友達とその眷属が、
(自分からお友達にとは、よう云えませんねん)
当神輿会の紅一点ですといってますが、BABAやとも云っとります。
写真はマイロですがsad

祭礼時、毎年お会いしてた神輿かきの方に今年はお会いできませんでした。
とうに80歳は過ぎておられます。ちゃんと担いだはります。重鎮らしいです。
毎年「奥さんまた来ましたで」と声掛けて貰いました。
次のお祭りには、逢いたい。

投稿: youko | 2013年10月30日 (水) 10時56分

二上山ってとても悲しい記憶を持っている山ですね。
私の娘はこの山の大阪側の太子町で大学生時代を送っていて
この二上山や當麻寺は印象深い場所です。
その娘のおかげで遅ればせながら万葉集や聖徳太子、
ヤマトタケルに興味を持つようになったのです。
奈良の人の思い出、どうもありがとうございました。
やっぱり奈良はワンダーランドですね~~!
(もう次の記事が書かれてるのに
遅くなってすみません^^;)

投稿: こごろう | 2013年10月30日 (水) 18時53分

baseballyoukoさん
真実が明らかになることをここいらでは「化けの皮がはがれる」と申します。
世間に夢を与える。それも一つの功徳です。

80歳無理が祟ったのか!心配です。

baseballこごろうさん
あの辺りは古墳群がありロマンあふれる場所ですね。
古代に触れられるのは関西に住んでいるものの特権ですね。もっとおでかけしよ~~っと。

投稿: おたま | 2013年10月31日 (木) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一期一会の二上山・その2 | トップページ | 過去を乗り越え生きてゆく »