« 秋の虫を愛でる | トップページ | 何が体にいいのやら。 »

2013年10月23日 (水)

大坂純情伝

baseballbaseball   


ま。今更だけど。
おたま、8月からブログ村のランキングに参加してるわけです。
で、ボッチを押して押してと、叫んでるから

    こころ優しい皆様のおかげで
             上位に座らせてもらってるわけ(感涙)。

ここは、ひとつ
おとなしいヨイ子でいた方が心証もエエし、
身のためかちら・・って、思うんやけど

annoyそんなわけにはいかんpunch こともあります。

おとなしいお嬢ちゃんも、もう黙ってられへんpaper
今日は吠えさせて貰いまひょbombルルルル・・

clover

 

松竹座十月花形歌舞伎・昼の部より
「新・油地獄 大坂純情伝」

最近の松竹の方針か「古典の名作」と「新作もの」を抱き合わせにした演目が目立ちます。

「新作」をもってくるのは、歌舞伎はわかりにくいと敬遠しがちな新しいお客さんの取り込み作戦でしょう。

今回は「大坂純情伝」と銘打ち、近松門左衛門の「女殺油地獄」を下敷きにした新作ものが上演されました。

ここで、まず声を大にして言いたい

ファンの裾野を広げたい意図はようわかります。
次代を背負うべき人気役者が倒れ、それを補う若手は育っていない。

ところがどっこい、このたびは人気のテレビドラマ「半沢直樹」の「おネエ」で松島屋のラブリンが注目を浴び、全国区に躍り出た。

  now get a chance !

それは結構なことです。
ちょいと前はピンポンでスターになった中村獅童はん。
あの方にも、あれ以来、ええお役をやらせてはりますね。

もっと昔は、S42年。NHKの源義経での菊之助(現菊五郎)人気をきっかけに故辰之助。新之助(故団十郎)の三之助ブームで若いファンの取り込みに成功したものでした。

それは、結構なんです。なんですが・・・

ちょっと、勘違いしてはりませんか?
                                        
マッタケはん。

clover

ファンを増すためには多様性を求められる。当然でしょう。

そのことと、完成された古典を予定調和に書き直し、和性ミュージカルもどきの振り付けを付ける。
それは、全く違いますやろ。

歌舞伎ファン。特にこれから歌舞伎を観ようかという人がイベント性だけにつられると思ったら大間違いでっせ。

客いじりこそなかったものの、愛之助の女性関係をネタにしたり、金融庁の主任検査監査役をパロったり・・

逆に、初めて見る人が「歌舞伎ってこんなん?」と思いはったら・・
おたま。涙がちょちょぎれます。

歌舞伎を知らない人に劇場に足を運んでもらう

その思いで「関西で歌舞伎を育てる会」(関西・歌舞伎を愛する会)が結成されたのはもう30年ほど前。
関西歌舞伎の再生に大きな役割を果たしました。
それは、大勢の役者さんの地道な努力の成果です。

役者の芝居に賭ける情熱と、興行主の短絡的な算盤さばきに大きな違いを感じます。

それは「歌舞伎」そのものを信じるか信じないかの違い。
客に向かう姿勢の違いだと思います。

clover

今回の「大坂純情伝」・・(は大阪の古い書き方)の下敷きになった
近松の「女殺油地獄」(おんなころしあぶらのじごく)では

家庭内暴力の放蕩者のどんならん(どうにもならない)甘ちゃんのボンがお金欲しさに近所の女性を殺害する。

という話です。
はい。それだけのお話ですねん。これが和事(わごと)です。

和事の芸(歌舞伎)に理屈はいらんのです。

碌でもない男。矛盾だらけのばかばかしい話・・
近松のをんなは皆死ぬ・・・
だから面白い。理屈をぶっ飛ばす面白さ・・・

客が観るのは「あらすじや理屈」ではなく「和事」という空気感(風情)なのです。
そこに酔いしれる。

clover

残念なことに新脚本は「分析をし、解説をした」
例えば、主人公・与兵衛がグレた理由づけ。
与兵衛を取り巻く不良グループの存在(あの子だけが悪じゃない)
ウェストサイドストーリーかい!

与兵衛の苦悩や悲しみ。感情にながされてしまう気弱な人間性・・・そんな解釈は観るものに任せておいたらいいのに・・

納得はさせたかもしれないが感動はさせなかった。

と、おたまは思います。

clover

救いは(救いというのも変やけど)壱太郎のお吉が良かった。
お吉というのは与兵衛に殺害される近所の世話好きな女性です。

金を貸して欲しいと迫る与兵衛の心を試す場面。

客席が静まり返り息をのむ。すべての観客を自分に集中させることのできる力量。
楽しみな役者だと思う。

clover

かっかと怒ってたら、こんなに書いっちゃってるわannoy
もうすぐ終わるわね。

今回の歌舞伎。
昼夜通して「殺し」が見どころのお芝居でしたね。
大立ち回りが滑ったところもあるけど

「油」やから仕方ない?ってか・・・

お後がよろしいようで。ちゃんちゃらちゃん。

clover

与兵衛・愛之助 お吉・壱太郎 七左衛門・男女蔵
徳兵衛・橘三郎 おさわ・吉弥 文三・薪車 弥五郎・亀鶴

clover

↓押して帰ってね。ぷ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

⇑ ⇑ ⇑ このボッチを押して頂ければ、嬉しいです。
期間限定(年内)
でランキングサイトに参加してみました。

 


;baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


|

« 秋の虫を愛でる | トップページ | 何が体にいいのやら。 »

歌舞伎・映画」カテゴリの記事

コメント

パチパチパチパチsign03
パチパチパチパチsign03
いよっおたまやsign03

浪速のエンターテイメント、
ウエストサイドストリー、言い得て妙sign01
うちの旦那は大衆演劇だと言っておりましたcatface
私はレインコート着て結構楽しみました。
確かにこれが歌舞伎だと思われたら
恥ずかしいぃーーーsign03

投稿: kimi | 2013年10月23日 (水) 16時27分

今日は私の好きな内容の記事でしたhappy01
 「女性シニア」押して帰ります^^

投稿: さみどり | 2013年10月23日 (水) 16時53分

歌舞伎って高いお金を払ってどこがいいんだろうと思っていたバアサンですが、おたま様のわかりやすいブログに、一度は見てみたいなあと思いはじめました・・・

他の内容も楽しいです♪
こんなふうに、生活を楽しんで生きてられるのが羨ましいです。

そばに、こんな方がおられたら、うつなんて吹っ飛びそうですね、まだ、3日前から覗きはじめたばかりですが、楽しみにしております!

投稿: | 2013年10月23日 (水) 22時16分

baseballkimiさん
前席だったのですか?
いいなあ・・
泥場の迫力いかがでしたか。

私は8列中央で申し分ない席なのですが・・

ロビーの会話などでも愛之助人気で来られている方多かったですね。
せっかくのチャンス活かしてもらいたいものです。

baseballさみどりさん
ありがとうございますhappy01
さみどりさん。お芝居お好きなのですか?
おたまは最近、観に行く気力が失せています。たぶん行くけどねcoldsweats01
今まで、面白くないのはブログに書かなかったけど、書かなきゃ忘れているみたいなので
これからは、マメにアップをこころがけるつもりです。
又、読んでくださいね。

baseball?さま
初めまして。コメントありがとうございます。
歌舞伎はおたま唯一の道楽ですの。
昔は自分が働いていたから大きな顔をして。
今は夫がいないから大きな顔をして。
歌舞伎を観にいきます。
確かに「高い」とおもいます。
満足して家路につく分には何の文句もありませんが、「金返せ~~」って思うこともありますねん。
今はおとなしくしていますが
次は暴れるかもしれません・・・bomb

毎日、だらだらと暮らしています。
まあまあ、機嫌よくscissors

死ぬまで生きなきゃいけないなら、まあ機嫌よくしておこうかな・・ってそんなところです。
また、覗きに来てくださいね。

投稿: おたま | 2013年10月24日 (木) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の虫を愛でる | トップページ | 何が体にいいのやら。 »