« 絶対音感 | トップページ | シンデレラになれるわけがない »

2013年10月 8日 (火)

自分史

    baseballbaseball   


今年に入ってから・・、特にこの夏

たくさんの本を贈っていただいた。

557

受贈本の多くは句集とそれに関する本です。

clover

自分の本(句集)を出す。
これは、文章・俳句や短歌などに携わる人なら夢でしょう。

上の写真の中に、俳句とは関係のない、
「自分史」が一冊あります。

clover

「自分史」が世間に広まりだしたのはここ25年のことだそうです。
映画「ルーツ」がテレビ放映されたのがブームの起こりだとか。

cute自分の生きた存在証明

cute知恵を後世に残したい

cute子孫への伝言

cute事実を明白にしておきたい

cute本になる喜び

cute過去を検証することによりこれからの生き方を探る

これらが自分史を出される主な理由にあげられています。

clover

 おたまの場合です。

 生きた存在証明) 忘れちゃってください!お願いだからhappy02

 知恵を後世に伝えたい) 知恵。あるわけない。

 子孫への伝言) ない

 事実を明白に) されたら困ることばかり。

 本になる喜び) 中身がないからね。お恥ずかしい

 過去の検証) まずい話がぽろぽろと・・

 これからの生き方) もう・・このままでよろしく。

こう考えると
あたしの人生暗くはないけどトホホだわね。

clover

「自分史」を頂戴することがあります。
全て男性です。

お葬式の引き出物で渡されたこともあります。

昨今は仕事の上でも生活の上でも男女の差がなくなりつつあり、又それを目指す社会でもあるわけですが、
おたま世代やそのまた上には「男の仕事」がありました。

社会的なかかわりを持つという意味では男性のほうが多くのステージを与えられました。

「男はつらいよ」です。

頑張った証として「残したい」と思われる方も多いでしょう。

clover

で、頂戴した当方ですが。

そういうことを。鑑みると
この本。あだやおろそかにもできないし
といって、あまりよく知らないおじさんのストーリーに
さほど関心が湧かないし・

どうしたらいいですかね?
読書の秋です。ゆっくり読ませていただきませうか。

 

 「星降るやベンチに残る文庫本」 おたま

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

⇑ ⇑ ⇑ このボッチを押して頂ければ、嬉しいです。
期間限定(年内)
でランキングサイトに参加してみました。

 


;baseball2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/


 

|

« 絶対音感 | トップページ | シンデレラになれるわけがない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

父も薄墨で何やらしたためていて『自分史』らしいです。

ウスズミ、縁起がよろしくないのでドキドキします。
真っ黒の元気な墨で書いてほしい。。。

祝・ランキング1位!!

投稿: るべる | 2013年10月 8日 (火) 12時23分

おたまさんは優しいなぁ~。

頂いた自分史で、面白かった(失礼)試しがない。
そうですよね、そんな面白い人生なんて
そうそうあるもんじゃないし、
あったところで関心のない人の人生なんて・・・

私も何も残さずさっさと消えたいですpaper

投稿: kimi | 2013年10月 8日 (火) 13時58分

最近、写真入りの年賀状いただくと処分に困るようになりました。結婚、誕生、家族写真。
見たときは微笑ましいけど・・・
葬式の返礼状にも写真入り、コメント入りが増えてきました。捨てるに捨てられないです。
まして自分史なんてどうしましょ。
そういう本を出される方とお付き合いがなくてよかった~。
捨て方教えてほしい~bearing

投稿: ばんび | 2013年10月 8日 (火) 14時10分

ボンソワー、おたまちゃん、
花の都パリ(なんや一昔前のごたるねっ、)からコメント試してみるんやけど、
どないやろ〜、

あのねっ、姐ちゃん、
うちの別亭をまとめて小本にする予定なんやけど、あっ、無料配布ではなく買ってもらうことになるんやけどぉ〜、

ブログで読めるのにお金を出す奇徳な人いてへんし、やっぱよしといた方がええわなぁ〜、

投稿: hellblau | 2013年10月 8日 (火) 22時49分

ぼかしが入ってると言う事はビニルに包まれた本だったのでしょうか
それだけが気になりました

投稿: poo | 2013年10月 9日 (水) 00時41分

baseballるべるさん
ふ~む。薄墨・・・・・そして・・・・
「あぶりだし」になってはいませんか
金塊の隠し場所とか、きっと書かれているとおもいます。

baseballkimiさん
ほんとうですね。
振り返りたくもないわ。あたしの人生!
あ。一緒にしてはいけませんね。

baseballばんびさん
だから・・・・
星の降る夜中にベンチにそっと、忘れてくるのです。
親切な人が「忘れ物ですよ~」と追いかけてきたら全力疾走で逃げませう。

baseballヘルさん
おお。パリですかああ。
嬉しかね。メッシーボクですばい。

しかし、フランスはよくてドイツはなんでやねん!。あ。ベルリンはOKなんですよね。
わからん・・わからんばい。

ネイチャンが本出したら一万両でも買うばい。ヌーディな写真も挟んでおいてねheart02

良い旅を!

baseballPooさん
そだよ。おこちゃまにはみせられないね。

投稿: おたま | 2013年10月 9日 (水) 08時47分

やだね~~~。あたしなんざ、昨日のことだって、恥ずかしくて消してしまいたいのに・・・

投稿: いっこにこ | 2013年10月 9日 (水) 08時55分

baseballいっこちゃん
デカイ消しゴムが要るにゃ~

投稿: おたま | 2013年10月 9日 (水) 11時57分

僕のブログ記事ですが、
http://bit.ly/17fTmGR
中学時代〜二十歳前あたりにひそかに短い小説みたいなものを書いたりしてました(恥ずかしい)。
とはいっても、そんな熱心に書いてたわけではなくて、それに僕は文学少年とかそういったタイプでもなかった。
いま思うにあれはどういうことだったのか?

思春期の少年少女にたまにある麻疹みたいなものだった?
麻疹ですか(笑)。
もしかして、あの頃の僕に作家になれるような資質や運命があったなら・・・、そんなことを漠然と考えたりしたことも正直ありますね。
しかし現実の人生では、資質も運命も、僕が書いた小説もどこにも存在していなかった。
それで僕はすでに還暦前の年齢になってしまった!

僕はこの頃、自分の人生をふりかえってみて、自分の本(自分で書いた本)が欲しかったなぁー、と思ったりすることがあるわけです。
この気持ち(このやや切ない気持ち)、とても説明できそうにありません。

幸いにも、いまはコンピューターの時代だ。
せっかくコンピューターに間に合ったのだから、これを利用しない手はない。
自分でDTPソフトとか駆使して(笑)、自分の本をつくってしまえばいい。自分のプリンターで自分の本を印刷してしまえばいい。
これはできそうなアイデアではないでしょうか?

とは言うものの、言うは易く行うは難しで、はたして還暦前のおっさんに原稿用紙で数100枚分とかの文章を書くことができるのだろうか?
そんでもって、もし本ができたならいったいどうする? さあ、どうする! どうする!
おそらく10部くらいつくって、やっぱり親しいひとに無理やり配ってしまうことになりそうで怖い(笑)。

投稿: ふぁらんくす | 2013年10月10日 (木) 02時31分

baseballふぁらんくすさん
本が出来たら、一冊ちょうだいね。
絶対、ベンチに置き忘れたりしないから・・

投稿: おたま | 2013年10月10日 (木) 12時43分

自分の本を持つということ。
僕はそういうふうに生まれついていないんだと、ずっと思ってきた。
もしそれができたなら、僕の人生で救われたような気持ちになれる気がする。
神様。どうか僕に本を書かさせてください。願いはそれだけです(涙)。

>本が出来たら、一冊ちょうだいね。
それはとうぜん心こめて、おたまさんに進呈いたします。

>絶対、ベンチに置き忘れたりしないから・・
そいつはあたぼうよ(あったりめーだぁ べらぼうめぇー)。
もし本ができるなら、このふぁらんくすが書くってんだ。下手を打つわきゃない。ベンチに置き忘れたりされてたまるか、すっとこどっこい。

実際は1年くらい時間が必要になると思います。でもすこしだけど草稿というか、下書きもある。
できると自分を信じるしかない。

投稿: ふぁらんくす | 2013年10月10日 (木) 19時31分

baseballふぁらんくすさん
ずーと自分が思い続けていること(夢のようなもの)。
自分でも不思議なくらい思い続けていること。
それって、絶対に意味のあることだと思います。
ささやかな自分の経験からもそういえます。
そして、それは叶います。
これもワタクシの経験です。

投稿: おたま | 2013年10月11日 (金) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 絶対音感 | トップページ | シンデレラになれるわけがない »