« ウィスキーのふるさとサントリー工場見学 | トップページ | 好意念(ハオイーネン)で生き抜こう »

2013年9月16日 (月)

時が育む魅力の街・YAMAZAKI


       


「政治に必要なものは独裁」とおっしゃるハシモッさんが
「新しい権力をつくる」ために州都OSAKAを目指して

 空回り 頑張ってはります。が・・

あの童顔が独裁者になったとしても、ここ、大阪府三島郡島本町だけは行政特区(構造改革特区)でございませう。
そうですとも。すなはち自主独立のひょっこりひょうたん町を貫かれると思います。

あたくし、この駅に降り立ちビビビときましたの。
そう。確信しましたの。

Dsc01475JR山崎駅前

 

JRの駅って可愛い。
積み木遊びを思い出させる駅舎

 

駅の所在地は
京都府乙訓郡大山崎町

 

大阪府島本町に隣接しています。

この駅から西国街道をぶらり歩きで約10分。
サントリー山崎蒸留所に到着します。

サントリーが納める潤沢な税金のおかげか
天王山・山崎の合戦という天下分け目の一大事を歴史に刻んだ風格か

このあたり、ほんまに威風堂々。われ小事に関せずって空気。
Dsc01534
トタンの看板にうっすら見える、「毎日グラフ」に「カメラ毎日」。終刊して何年経ってるんじゃろ!
Dsc01504Dsc01533

・・ホーローでもステンレスでも何でも来いの・・
タカラシステムバス

そして・・頼りになる すごい奴
それは ・・・クボタトラクタ
難点 南天の木に隠れちゃってる「大阪維新の会」のポスターさん。ごめんねごめんね
少なくともキャッチコピーの段階でトラクタに負けてるよ。

そして、個人宅の玄関先にはサントリーの英知の結集。
バイオテクノロジーのサフィニアがここに花開くのでございます。

Dsc01532
サフィニア

写真はございませんがこのあたりの街灯はキンピカです
なんというか説明しにくいけど・・キンピカなんです。

Dsc01505_2
線路が5本並んでいます。
大きな踏切を渡れば、サントリーが見えてきました。

 

  「萩こぼし貨物列車の過ぎにけり」 

 

貨物列車ってどうして郷愁を掻き立てられるのでしょう
線路脇にはヌスビトハギやオシロイバナが咲いていました。

懐かしく優しい町。ウィスキーのふるさと。
誰にも侵されず静かに熟成を待つ樽のような・・
そんなYAMAZAKI/島本町山崎でした。

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/blog


 

|

« ウィスキーのふるさとサントリー工場見学 | トップページ | 好意念(ハオイーネン)で生き抜こう »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

以前から行ってみたいと願っている場所の一つが大山崎なのです。
今回おたまさんがレポートをしてくれたのでいよいよ行きたくなりました。
といっても私もお酒ではなくて美術館のほうですけどね^^;
だっていつも自動車で移動するので
もしも試飲などしようものならすご~~くマズイことになるでしょうからね。

ホーローの看板が良いですね。
熟成という言葉も良いですね。
そうとう古酒になるかも。
こういう雰囲気の町なら電車で行きたいな。
キンピカの意味を自分で確認したいです。
萩こぼし・・・風景が見えるようです。
郷愁を誘う素晴らしい句に感動しました。
偉そうにスミマセン^^;

投稿: こごろう | 2013年9月16日 (月) 12時15分

こんな町を旅してまわるのも旅人の醍醐味ですね
見知らぬさびれた町をのんびり散歩したいなぁ

投稿: poo | 2013年9月17日 (火) 00時14分

こごろうさん
大山崎山荘ぜひおでかけくださいませ。
レトロな建物と安藤忠雄のモダンな美術館が並んで素敵です。
ただし美術館、地階のコンクリート打ちっぱなしなので声が響く響く・・
大阪のおばちゃんが「これ、モネやでモネ。」と姦しさが半端ないかもしれません。

キンピカ街灯はたぶん。サントリーの蒸留釜をイメージされてるのかなと思いますが、ぜひ確かめてきてくださいね

pooさん
西国街道。絶対おすすめです。
京都の歴史とここら辺の地理関係を知ってたらもっと面白いとおもいます。
さびれたという感じではないのですよ。
頑固に「これでいいのだ」という雰囲気です。阪急側の駅前には可愛いイタリアンレストランがありました。
ウチラはその先の文化資料館で句会をしたのですが、二階にある歴史館も見ごたえがありましたよ。

投稿: おたま | 2013年9月17日 (火) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウィスキーのふるさとサントリー工場見学 | トップページ | 好意念(ハオイーネン)で生き抜こう »