« あこがれの人との一期一会 | トップページ | ついに満願.。高野山明王院・南院 »

2013年9月10日 (火)

若狭鯖街道・熊川宿


       


もう。9月も三分の一をすぎました。
あっという間の人生ですわね。

なんて、しみじみしている場合ではございません。

8月のお出かけ記録がまだ残っておりますの。

 

あなた様にはかんけーねーよ。でございませうが・・
ああ、あれはいつのことでしたっけ・・・とならないために少し遡って書いておきませう。

帰省中の次男坊電化殿下と奈良/吉野&高野山から帰った夜
「おたまちゃん。明日どこか行きたいとこある?」と訊きます。

「いや~。もうエエわ。今日行ってきたし・・」

・・・優しい明星ちゃん
母の下手な俳句が出来るからと考えてくれているのです。

「じゃ。行きたいところ考えといてな。「あまちゃん」見てから8時半の出発やな」
と言って、自分は友人のところへ夜遊びにいきました。

で、翌日は、わたくしの好きな「鯖街道ドライブ」ということになりました。
京都から北上してわけもなく走り
若狭の海を意味もなく「でん」してUターン。という計画です。

本年の年頭あいさつで申しましたように
今年のキーワードは「滋賀」ですねん。
わけも意味もなく「行こうぜ滋賀」「VIVA 滋賀」

鯖街道は
京都から滋賀を通り福井へ抜ける「若狭街道」のことです。
豊臣秀吉の時代に栄えた宿場町がここ。
《福井県若狭町・熊川宿》
Dsc01387
宿場町の面影を残す町並み

Dsc01399若狭の海で採れた「鯖」が、この街道を走りに走って運ばれ、
京の都につくころには、丁度よい塩加減になったそうです。

京の食文化を支えていた「鯖街道」

 

鯖寿司の看板の下でお昼寝。

 

393


どこかしら
可愛い形の消火栓

8月の
暑くて、静かな昼。

 

 

宿場は北川という川に並行する長い道に添っています。
番所跡、大きな商家、妻入りの町屋・・
まるで時代劇のセットのようです。

Dsc01401
小学生がお揃いのはっぴ姿で、自分たちで調べた事柄を紙芝居形式で大きな声で発表します。
町のポイントに二・三人に分かれて待っていてくれました。

この日は、学校の先生の研修会のようなものがあったのではないかしら・・
先生方らしきグループがポツリ。ポツリと・・

おたま親子はきっと「ついでのお客様」だったと思うけど
小学生のみなさんは、一生懸命発表してくださいました。

この建物は伊藤忠商事二代目社長・伊藤竹之助の生家だそうです。

とっても暑い日でした。
河原に降りて、家から持ってきた梨を剥いてたべました。

う~んと。それから・・・
アカン。記憶が薄れてる・・・

 

 


;2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolognifty.com/blog

 

|

« あこがれの人との一期一会 | トップページ | ついに満願.。高野山明王院・南院 »

旅・おでかけ」カテゴリの記事

コメント

ここ意外と穴場ですよね
この手前にある滋賀県側の朽木宿はもうたいしたものは残ってないけどこちらは綺麗に整備してあり見どころもそこそこ~
私はこの道を通っていつも釣りに行ってるんですよ
帰りに道の駅に寄ってはカブと木陰のベンチで仮眠してます
八月のいつごろに行ったのかな
ニアミスしてそうですね

投稿: poo | 2013年9月10日 (火) 21時09分

私もこの夏は息子と若狭に行ってきました。
しかも自動車で走り始めてから目的地変更しました。
急に日本海が見たくなったのからです。
(ひたすらカーナビの道案内でたどり着いた無目的のドライブでした。)
若狭湾クルーズを楽しんでから
お水送りの鵜の瀬に行ってきました。
のどかな福井を体験して来たのですが
鯖街道までは無理でした。

熊川宿、今度行きます!
琵琶湖一周もしたいです。
そして何よりも我が家の息子も、
明星氏のような母親思いの優しい息子になってほしいです。

投稿: こごろう | 2013年9月10日 (火) 22時12分

pooさん
朽木の道の駅の2階のレストランでお昼をたべましたよ。(これで2回目)
家庭料理のバイキングなんだけど、アットホームでお味も良かったです。
8月のお盆の次の週に行ったんだよ。
あの辺りいいですね。京都側から比叡山の霊気、東から大琵琶湖の水のパワー
やぱりVIVA・滋賀やわ。

こごろうさん
「陰陽師」という漫画が大人気になって(実は作者は友人の友人の姉さん)
本に添って「水」を求めて若狭・吉野などを尋ねたことがあります。
もう、ずいぶん前ですが・・
「鵜の瀬」もいいのですが「瓜割の滝」へ行った時の感動は忘れられません。
「絵」と全く同じ景色でしたから・・
素晴らしい空気が流れていますよ。
まだ行っておられなければ是非お立ち寄りください。

投稿: おたま | 2013年9月11日 (水) 09時19分

この辺り、いいところですよね。
三方五湖や小浜へ行くときに熊川の道の駅で休憩することが多いですが
熊川宿を歩いたことがないので
今度ゆっくり行ってみます。
瓜割の滝の近くにとば屋酢店というお酢のお店があって、ドライブがてら、ポン酢やお酢を買い出しに行くことも。
機会があればお試しを。

投稿: kimi | 2013年9月11日 (水) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あこがれの人との一期一会 | トップページ | ついに満願.。高野山明王院・南院 »