« 呆けたら呆けたでエエやんか | トップページ | ブログ作成・レッスン① »

2013年8月28日 (水)

手紙


         


枕草子は「なまめかしきもの(優美なもの)」として
柳の芽の枝に青薄様の紙をくくり付けた手紙をあげています。

目にも麗しいその手紙には何がかかれていたのでせう・・

・・・・・・・・

 

芦屋市にある谷崎潤一郎記念館で谷崎と佐藤春夫の恋文を拝見したことがあります。

ほとばしる熱情に圧倒されました。

 

「色褪せし恋文の束谷崎忌」 おたま

 

谷崎潤一郎の命日は7月30日。「谷崎忌」は夏の季語になっています。

今日は手紙(葉書)を書かなきゃって
昨夜夢の中で思っていました。

 

お祝いの気持ちが二通。
ささやかな、お礼状が二通。
そして、お見舞いが一通。

H

 その人が気に入って下さりそうな葉書を選びました。
  お見舞いの方には「ミニレター」です。

 ミニレター。
友人たちはあまり使わないっていうんだけど
葉書より沢山書けます。親密な内容でも大丈夫です。「押し花」や「シール」なども同封できます。
お値段は60円。

  事務的な用件はもっぱら「官製はがき」を使います。
  これは、「罫線入り」が好きだったのですが、最近はどこの郵便局にも置いていません。
  縦と横の罫線入りがあったのですが・・・

友人知人で特に年長の方は、何かにつけて
手紙や葉書やカードを下さいます。

こちらが、「大したことではない」と思っていても
「ありがとう。嬉しかったわ」って・・・

電話やメールと違ってそれらは手元に残り、
嬉しい言葉や綺麗な葉書は
たまに取り出して、読んだり眺めたりできます。

太い万年筆で書かれた特徴のある崩し文字。
辣腕政治記者であった俳句の先生からの便りは
大切に取ってあります。

励ましていただくばかりでした。

インクの青も、綴られた文字も、暖かく懐かしい・・

久しぶりの雨で、少し暑さが和らいだようです。
少しずつ、少しずつ、季節が移ってゆきます。

さあ。お便りの続きをかきませう。

「秋の灯」(あきのひ)という季語があります。
歳時記によりますと「春灯のはなやかさと違って、静かな思索を誘ってくれる。
・・(略)・・・そのような人なつかしい雰囲気が秋の灯にはある」
とのことです。

 

あたくしも。ここで一発。いや一句・・・

秋灯下(シュウトウカ)と手紙・・・う~~~ん。う~~ん

 無理かも・・ 

俳句。ケツに御居処(おいど)に火がついております・・・
月末しめきりです。

ああ。もういやや。いやや。いやや・・・

さきほど東京のエンジェルに「俳句ができないYOOOOOOO」とメールをいれたら
     俳句出来てるじゃん。
     
"暑いだの寒いだの言って死んでいくのね。”
      
山頭火みたい。。
 

と、私の「愚痴」そのまま返してきやがった。いらっしゃった。
マジでそのまま出してやろうかしら・・・山頭火・・さんとうか・・さあどうか!!
なんてね。


           2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/blog

 

|

« 呆けたら呆けたでエエやんか | トップページ | ブログ作成・レッスン① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

異国にて 思い勤しむ 山頭火

あぁおいしい~

投稿: poo | 2013年8月28日 (水) 16時21分

pooさん
ごめん・POO氏。ぜっんぜん。わっからへんねんけど・・・
ぜ~~~っんぜん。

投稿: おたま | 2013年8月28日 (水) 17時26分

昨日京都の寺町をフラフラしていて鳩居堂にも入ってきました。
でも何にも買わなかったけどね。
だって名古屋でも買えちゃいますから^^;

しかしあのお店は誘惑が大きすぎます。
いろんなお手紙用品ありますものね。
でも私のお気に入りは衣類の虫よけですけど・・・

おたまさんの写真の万年筆が気になりました。
私、万年筆大好きです!
この万年筆はとてもおしゃれです!!
こんな素敵なものを身近に置いたらどんどん手紙を書きたくなりますね。

投稿: こごろう | 2013年8月29日 (木) 09時22分

留守中の思いがけない嬉しい書き込み
ありがとうございました。

山頭火さん
わが故郷の・・・
HPの自己中心書き散らしの中「つれづれに」で
山頭火氏の其中庵の事を書いています。
何かの縁かな?

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 海子 | 2013年8月29日 (木) 10時31分

まぁなんだ あれですわ
異国を旅する青年が故郷のあれに思いを寄せてた詠んだ句ですわ
西海岸か東海岸にたどり着けばやっと巡り合えるあれですわ
山頭火でググればすぐわかるかと・・・
表現や言葉が間違ってたらそこは優しく見逃してくれ~

投稿: poo | 2013年8月29日 (木) 10時39分

こごろうさん
京都にいらしてたのですか?
フットワークいいですね

鳩居堂といえば銀座(しかも日本一の地価!)という気がしますが
あちこちにお店があるのですね。
鳩居堂の前が実家という知り合いがいます。(実家があったのは大昔ですが)
それが、どうした・・・・言ってみたかっただけです。

万年筆はプラチナの「金魚」です。
よろしければお読みください。⇓
http://nurebumi.cocolog-nifty.com/blog/2012/03/eba-2.html

投稿: おたま | 2013年8月29日 (木) 16時26分

海子さん
コメントありがとうございます。
とってもうれしいです。
昨秋、思いがけないところで山頭火の句碑をみつけまして
もう一度訪ねてみようかと思っていたところです。
ご縁です。きっとご縁です

pooさん
ググッったけどね。
山頭火ラーメンとか山頭火まかない。しかでてこないの。
ちゃんと。教えてください。
POO氏が知っていて、おたまが知らないなんて・・なんか・・くやしい。
あと、ラーメン屋が勝手に「山頭火」って名乗っていいのかどうか・・どう思います?

投稿: おたま | 2013年8月29日 (木) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手紙:

« 呆けたら呆けたでエエやんか | トップページ | ブログ作成・レッスン① »