« 夢枕 | トップページ | 手紙 »

2013年8月27日 (火)

呆けたら呆けたでエエやんか


          


S子さんが涙ながらに電話をかけてきました。

話の要点がつかめない。
「おにぎりが・・おにぎりが・・」と言っています。

おにぎりを作って食べたが、やけに甘い。
塩と砂糖を間違えたらしい・・・

これはもうアルツハイマーに違いない・・と申されます。

Sちゃん。なに言うてるのん
私なんか・・・

 
麦茶と間違ってソーメンつゆ飲んだで 

自動改札機に歯医者の診察券いれたで 

桃井かおりと樋口可南子。よう見分けへんで

・・・・・・慰めにはならないようです。

彼女は私の9歳上。
若いころはさぞやお美しかったろうとおもわれます。

とても優しく、穏やかな性格なのですが、昨日我が家に来た時には
「最近。いらっ!とすることが多い」とおっしゃいました。

「うん。暑いからなあ・・」

「そうじゃなくて。私アルツハイマーじゃないかと思うのよ」

「げ。アルツハイマーっていらっ!とするの?」

「最近、性格が変わったみたいなの。いらっとするし、腹がたつし、嫌いな人が多くなったの。
それって、アルツハイマーの始まりじゃないかなあ」

ちょちょちょ・・ちょっと待っておくれやして、おくれやっしゃあ。

それなら トシコさんはどうなるのよ・・

あの人、「嫌いな人間カード」めっちゃ持ってはるで。
この間呑み会の時、政治家・文化人・芸能人・・20人ほど
(カード並べてました)列挙してました。

「トシコさんすごいね」
すごいでしょ。
こんなに嫌いな人が多いのは心が汚れてるからやって自分で言ってはったし・・

「そうじゃなくて・・名前がスラスラでてくるのが・・・」

ますますしょぼんとする、S子さんです。

物忘れが多くなる。

怒りっぽくなる

意欲・判断力が低下する。

  そういう方は「物忘れ外来」を受診してくださいって市民病院に張り紙がしてありました。

年を取るとはそういうことと違いますのん?
  年取るのは病気なん?
 病名つけないとあきませんの?

アルツハイマー・認知症。

そうなったら、あるがままで生きていけばいいんや。

何も困ることないよ。困るのは周りの人間や。
それれいいのら・レレレのレ~やわ。
あたしなんか、周りに迷惑かけ倒して死ぬつもりやし。

・・・・・・

おたまちゃんと話をしてたら根拠のない自信が湧くわ
治療して治るものでもないらしいし、どうつきあうかやね。

S子さん。もう決めつけてはります。

大丈夫やって!Sちゃん。みんながついてますがな。

おばあちゃん(姑)は最後のころはワケのわからんことを言い出したけど
大芝居・小芝居をしながらそれなりに笑ったり泣いたりして暮らしました。

母は87歳で亡くなるその日まで頭がしっかりしていました。
それって、ある意味しんどいのではないかなって思っていました。

どちらが、どうなのかわからないけどね。

 

 

よろしければ・・いいえよろしくなくても・・

(おたま読者の皆様の多くは「ブログ村」とご縁のなかった方が多く
  なんや。ようわからんけど、おたまちゃんがそう言うてるから
   押しとくわ。と言ってくださいます。ありがたいこってす。)

力の限り。
突き指してもいい!
くらい勢いでボッチ押して下さいませね。よろぴこ。

期間限定(年内)でランキングサイトに参加してみました。
⇓ ⇓ ⇓ このボッチを押して頂ければ、嬉しいです。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村


           2009/9~2013/8 の記事はコチラです⇒http://nurebumi.cocolog-nifty.com/blog/


2021年7月30日追記
この記事から8年が経ちました。
S子さんはゆるやかに、しかし確実に忘れん坊さんになっていきました。
「今」は良いのですが「1時間前」を忘れちゃいます。
今から14年前に大きな病気をし、大きな手術を2回しました。
その事が脳の機能に大いに関係しています。
2回目の手術から6年が経過し、もうお医者様に診て頂かなくてもよくなりました。
命が助けられた代償として忘れん坊になったのだとしたら。
私は神様に感謝したいと思います。
現在、やさしいやさしい夫さんと暮らしながら
私達とも仲良く遊んでいます。
此処にも書いているように「大丈夫やって!みんながついてるやん」という気持ちは全く変わりません。
穏やかで優しいS子さんは昔と一緒です。なにも変わりません。
会って別れる時、「ああ。楽しかったわ」と必ず言ってくれます。

 

 

 

|

« 夢枕 | トップページ | 手紙 »

家族・友だち」カテゴリの記事

コメント

あの人にいいました。
「呆けたら呆けたでエエやんか」っておなじことをね。
「うん、呆けてもキライになれへんか?」
童女みたいになっていたカミさんがいいました。
いいよ..... といいつつオレ覚悟したのです。

明くる日にアルツハイマー検査にいって、
平常ですっといわれて、ニコニコして帰ってきたのに、
その晩に心臓が力尽きたのでした。

物忘れは誰にもある。
それをくよくよせずに乗り越えること。
そのときのセンセはそういってました。
だから「たとえ根拠のない自信」でもイイ薬だと思います。

投稿: ごんべ | 2013年8月27日 (火) 18時35分

・・・女性シ♡アランキング1位 おめでとうございます!!・・・

連れ合いは子どもの頃麦茶だと思って飲んだものがウィスキーだったことがある、
という過去を話してくれたことがあります。
でもそれは子どもの頃で、今のように麦茶ポットが無かったころに
ウィスキーの瓶を代用していたからだと思います。
ソーメンつゆの件、失礼ながら笑っちゃいました。

でもそういうハプニングはきっとみんなが体験してますよね。
そんなことにいちいち凹んでいたら私なんか地球の裏側に出てます・・・

投稿: こごろう | 2013年8月27日 (火) 22時07分

ごんべさん
不安から解き放たれ、ごんべさんの安らぎの海のなかで
旅立たれたのですね。
ごんべさん。最後に最大の素敵なプレゼントをなさったと思います。

おたまも、ひっちゃんが最後に言ってくれた言葉が喜びであり支えです。

こごろうさん
ありがとうございます
麦茶と思い込んでソーメンつゆ飲んだ時の衝撃はすごいです
失敗は成功の母ってほんまかいな?と思う今日この頃です。
こごろうさんはとても落ち着いておられる印象なのですが・・・
失敗なさるのね。ホッ

投稿: おたま | 2013年8月28日 (水) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呆けたら呆けたでエエやんか:

« 夢枕 | トップページ | 手紙 »